Entries

「若い世代に歴史の真実をどう伝えていくか~教育と政治を考える市民の集い」の報告です

全体で59名の参加でした。準備していた会議室も立ち見が出るほどの反響でした。
兵庫陣営の底力がうかがえました。
兵庫県の地元議員さんが4名こられ、大阪や奈良からも3名の議員さんに
出席していただきました。
“教育と政治を考える”というサブタイトルだったこともあり、「慰安婦」問題を
軸に様々な分野でご活躍されている方々にお集まりいただきました。

当日参加された方からの感想では…
・知らない情報、あちこちでがんばっておられる方に出あう機会になり良かった。
・新旧のつくる会系教科書を比較しながら、その内容がどう変わったのか、
その狙いはどういうことかがわかりやすく話されて良かった。
・学生さんたちの注目するポイントのするどさ、勘のよさに驚きました。
とても中身のある内容でした。

などなど、たくさんの声をいただきました。

12月に奈良県、年明けには大阪でも企画を具体化できればと考えています。
今回を機に、ネットワークの広がりを深め、突破口を見つけたいですね。

当日の内容は司会をつとめていただきました、神戸女学院教授の石川先生のブログを
ご覧ください。(立石孝行)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://walumono.typepad.jp/blog/2011/10/3-1.html

スポンサーサイト

コメント

[C104] 10月7日の催しのお誘い

先日の神戸での集会に参加させていただいた大阪の教師です。10月7日(金)6時半から子どもと教科書大阪ネット21の総会を行います。今回の大阪における教科書採択の総括を行い、今後の運動の展開についての話し合いを積極的に行っていくためのものです。
当日は、7時過ぎから記念講演として教科書執筆者の三輪泰史先生に教科書執筆に関するお話をしていただきます。4年後を見据えた運動の構築のためにも、皆様の積極的なご参加を呼びかけます。押し詰まっていてすみませんが、よろしければお越し下さい。

[C105] ひめ さまへ

10月7日もともと参加する予定です。よろしく。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/234-4234476c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード