Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな決議があるの知ってました??

 9月19日に「朝日新聞の吉田清治証言」のことで外交・経済連携本部 国際情報検討委員会がこんな決議を出してること知ってました?


『決議』  平成26年9月19日
 自由民主党 外交・経済連携本部 国際情報検討委員会

 朝日新聞が慰安婦問題などにつき虚偽の報道であったことを認めた。朝日新聞が発信してきた虚偽の記事が国際的な情報メディアの根拠となり、国際社会が我が国歴史の認識を歪曲し、結果として我が国の評価、国益を著しく毀損した。朝日新聞の謝罪は国民の名誉と国益の回復には程遠いが、いわゆる慰安婦の「強制連行」の事実は否定され、性的虐待も否定されたので、世界各地で建設の続く慰安婦像の根拠も全く失われた。

 わが国は国際社会で一貫して平和と民主主義を希求し実践している。かかる誤った国際認識には断固として正していかなければならない。国連を始め全ての外交の場、また官民挙げての国際交流の中で、国としての正しい主張を訴え続けることが必要である。しかもその主張は国際社会に正確かつ十分に届かなければ全く意味がない。

 わが国は国際関係においても情報の公開や広報の充実強化に努めているが、国の主権や国益を守り抜くためには、単なる「中立」や「防御」の姿勢を改め、より積極的に情報発信を行う必要がある。国としての情報戦略を立てつつ、一方で諸外国の情報、動きを敏感に察知し国としての対応を機敏に行うことが必要である。 国としてそのための積極的政策をしっかりと進めていかなければならない。 以上 (平成26年9月19日 自由民主党 外交・経済連携本部 国際情報検討委員会)

どうですか? 
短い文書の中に、よーさん間違いというか言いがかりがありますよね。それに朝日新聞社には申しわけないですが、あの記事で国際社会が日本の歴史を歪曲するほど影響がある思ってるの? それに「日本の評価、国益を著しく毀損した」?? そんなに日本ってアカン国やったん? この人ら自身も影響あったなんて思ってないはず。
それに今日の衆院予算委員会で、官房長官は、吉田証言が「河野談話」に反映していないことを認めたそうです。
あほくさ! この決議自ら撤回してもらおかと抗議したろか等思いましたが、時間を労するだけ損やし、反論するに値しないと思いやめました。この決議について自らちゃんと撤回はしといてや。 (hong hyohaeng)


スポンサーサイト

第1000回日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ声明

14日ソウル日本大使館前で行なわれた、第1000回日本軍「慰安婦」問題解決のための
定期水曜デモの声明です。1001回、1002回と集会を増さないためにも行動あるのみ。
以下。声明文です。(立石孝行)

*******************************************************************************



第1000回日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ声明

1992年1月8日、あの日から20年間、駐韓日本大使館前では寒波を突き破り、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める声が響き渡った。その最初の叫びを1000回のたたかいへと引き継いできたわれわれは、日本軍「慰安婦」犯罪を全世界に告発し、被害者たちの人権回復と正義の実現を求めてきた。

1000回の水曜日は、戦争犯罪を告発して堂々と立ち上がった被害者たちの勇気と連帯してきた、世界中の平和を愛する人々の希望の歴史である。そして1000回の水曜日は、いかなる苦難にも負けることなく続けられてきた不屈の粘りが勝ち取った忍苦の涙である。しかし、あの固く閉ざされた日本大使館と、戦争暴力の世界で未だに苦痛を受ける数多の女性たちが存在するという現実は、私たちの叫びが1000回を越えてもなお、再び新たに力強く続けられねばならないことを物語っている。

女性の身体を戦争の道具として蹂躙した人倫に反する戦争犯罪が、責任者処罰と法的な問題解決に至っていない今日の現実は、人類の歴史に恥辱を残している。そして何よりも、人類の歴史の最も恥ずかしい記録を、最も長い期間にわたって残している戦犯国日本こそが、戦争と暴力の世紀を終わらせていない最大の犯罪国であることを、今この瞬間にも歴史は記録している。

日本軍「慰安婦」問題は、十代の少女に対する残忍な暴力であり、女性の身体と心を蹂躙した反人道的な戦争犯罪であり、人間の生を徹底的に踏みにじった最も悪辣な人権蹂躙であることを、今日の1000回水曜デモで私たちは今一度確認する。そして、植民地の民衆に対する極悪な民族差別であり、残忍非道な暴圧であったことを再度明らかにする。

真の謝罪と賠償はおろか、その真実すら否認する妄言と責任逃れを繰り返す日本政府の醜い振る舞いは、被害者らに対する第2の暴力であり、二重の苦痛を加えるに等しい行為である。戦場に引っ張られて行った少女たちが白髪の老女になってなお、名誉と人権の回復がなされないままこの世を去っている不当な現実、被害者たちを1000回も街頭に立たせてきた責任を、戦犯国日本に厳しく問う。

日本政府は、20年間叫び続けてきた日本軍「慰安婦」被害者たちの声に耳を傾け、これまで明確な国際法的な判断の下に採択されてきた国連やILOの勧告、各国の国会や地方議会の決議、世界の平和を愛する人々の要求を直ちに受け入れなければならない。徹底した真相究明と共に、公式謝罪と法的賠償など問題解決のための行政的、立法的解決措置を早急に履行しなければならない。

日本軍「慰安婦」問題の解決は、正しい過去精算による韓日外交の平和的で発展的な下地になるであろうし、引いては日本政府が東アジアと世界平和の実現において、きちんとした役割を果たす道であることは明らかである。このように明らかな歴史的かつ法的な責任を、これ以上知らぬふりをしたり、拒否したりすることは日本政府自らが最低限の良心もない戦犯国であることを再び認める行為である。

猛暑と極寒の中で毎週水曜日、戦争犯罪による被害を自ら告発してきた被害者たちの苦痛から目をそらしてきた韓国政府にも厳しく責任を問う。日本軍「慰安婦」問題を解決する主体として、また触媒として、その役割を果たすべきところ、韓国政府は徹底的に無視し放置してきた。韓国政府も正しい過去精算を遅らせるもう一つの障害物となり、被害者らの苦痛を加重するさらなる人権蹂躙をはたらいた。韓国政府は、具体的かつ積極的な外交政策を樹立し、周辺国と国際社会の支援を引き出し、日本軍「慰安婦」被害者がこれ以上、街頭に放置されることがないようにしなければならない。

1000回の水曜デモに込められた粘り強い平和愛好の精神を込めて、今日この場に建てられた平和碑と共に、これまで「日本軍『慰安婦』被害者に正義の回復を!」と共に叫んできた世界の平和を愛する人々がみな、一堂に会した。ここに立っているわれわれ全員は、戦犯国日本政府が日本軍「慰安婦」問題を正しく解決するその日まで、連帯の手を放すことなく、1001回、1002回を越えて水曜デモを続けていくことを宣言する。日本政府は、水曜デモが回を重ねるごとに一層重い責任と歴史の審判が待っていることをしっかりと直視しなければならない。

今日、歴史的な1000回目の水曜デモを迎え、われわれは次のように要求する。

―日本政府は、日本軍「慰安婦」犯罪の真相を徹底的に糾明し、被害者に公式謝罪せよ!
―日本政府は、国際法に則って、被害者に法的に賠償し、二度とこのような犯罪が再発しないよう明確な措置を履行せよ!
―日本政府は、日本軍「慰安婦」問題を教科書に明確に記述し、現在と未来世代が正しい歴史を学ぶ権利を保障し、引いては人権と平和の価値を実現させることを率先しておこなえ!
―被害者たちに1000回の街頭闘争を続けさせた韓国政府の無責任と傍観はこれ以上許されない。韓国政府は、憲法裁判所の判決をより謙虚に受け止め、二国間協議の実現、引いては問題解決のための外交的努力を尽くせ!
―日本軍「慰安婦」被害者たちの正義実現から目を背けてきた各国政府と国際社会にも責任を問う。戦犯の不処罰と戦争犯罪に対する幇助は、日本軍「慰安婦」のような恐ろしい犯罪の再発を誘発するものである。国際社会は戦争と女性への暴力を中断させるため積極的に努力せよ!

2011年12月14日
第1000回日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ参加者と世界の平和を愛する市民一同

韓国国会の「慰安婦」決議

 「『慰安婦』決議に応え 今こそ心の解決を!」のサイト">「『慰安婦』決議に応え 今こそ心の解決を!」のサイトに、韓国国会での10月28日「慰安婦」決議の全文翻訳が紹介されています。

 また第9回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議の案内も紹介されています。

 MLでの情報によると、以下のようですね。

 第9回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議
~「慰安婦」問題の解決を求める国際会議
―アジア連帯会議を今年は東京で開催します~

とき:2008年11月 23日(日)~ 25日(火)
★公開集会は24日(月・休)『被害者証言と国際シンポジウム』
会場:在日本韓国YMCA(東京都千代田区猿楽町2-5-5) 
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
JR水道橋駅徒歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
TEL:03-3233-0611 FAX:03-3233-0633
主催:第9回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議実行委員会
E-mail : 9th.ianfu.asia.sc@gmail.com
Tel / Fax:03-3812-2268 (電話受付は、12~17時まで可能です)


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
世界と連帯し、日本政府に即時解決を要求する

2008年11月23日から25日まで東京で開催されるアジア連帯会議には、アジア各国
の被害者と支援団体代表のほか、米下院、オランダ、カナダ、欧州連合議会など
で日本政府に対し、「慰安婦」問題の解決を求める決議採択を推進した議員・活
動家をお招きします。
昨年の各国決議に続き、今年に入ってからは、フィリピン、韓国、ドイツ、イ
ギリスなどで決議案採択の運動が続けられています。また5月の国連人権理事会
でも、日本政府に対する勧告を含む審査結果が採択されました。 しかし、日本
政府はこれらの動きを一切無視しています。最近は各国から被害者の訃報が相次
いで届き、「慰安婦」問題の解決は一段と緊急を要しています。


23日(日) *アジア連帯会議 9:30~16:30 
各国からの報告と討論(非公開)
*歓迎レセプション 18:00~
24日(月休)*公開集会 10:00~17:00
被害者証言・決議採択の各国報告
国際シンポジウムなど (詳細は裏面)
25日(火) *政府・国会要請など 午前中
*院内集会 15:00~17:30 
参議院議員会館第一会議室(予定)


<11・24公開集会 被害者証言と国際シンポジウム プログラム>

10:00 開会のあいさつ
10:05 亡くなれれた被害者の追悼
10:20 被害者の証言
(中国・韓国・フィリピン・台湾・インドネシア・東チモールほか)
13:00 ミュージカル ロラ・マシン物語より上演
13:30 参加各国議員の報告 およびビデオメッセージなど
14:30 国際シンポジウム(各国代表による)
17:00 閉会

会場:韓国YMCA地下ホール
参加費:会場費 2,000円(大学生1,000円 高校生500円)
資料代 1,000円


参加予定者の一部(敬称略)
オリビア・チャウ(カナダ/国会議員)
康健(中国/弁護士)
郭喜翠(中国/被害者)
アナベル・パク(米/121連合)
レチルダ・エクストレマデュラ(フィリピン/リラ・ピリピーナ共同代表)、
バージニア・ヴィリャルマ(フィリピン/被害者)


(石川)
 

吹田市議会、意見書、提案されず・・・。残念です!

 26日の10時過ぎ、吹田市議会傍聴席に「慰安婦」問題の意見書採択を確認するために座りました。昨日は議運での審議ができず今朝になって検討されるということを聞いていたので、どうなるのかと思いながら座っていると、結局提案されなくなったという知らせが入りました。賛否の数がどうだったのかなど、詳しいことは分かりませんが、保守系の委員から「当時はニーズがあったんや」というようなわけのわからない発言もあったと聞きました。そうなかなか簡単にはことは進まないということのようです。再度の提案を目指して何かをしなくてはいけない、と思っています。
 





9/23堺市請願署名スタート集会

 本日(9月23日)、JR堺市駅前のサンスクエア堺で行われた「9/23堺市請願署名スタート集会」で話をしてきました。

 集会は、「慰安婦」問題の解決を国に求める意見書採択を、堺市ですすめようとするものです。

 運動をすすめる団体の名称は「日本軍『慰安婦』問題の解決を求める堺市請願署名実行委員会」となっており、このよびかけ人には、次の方のお名前があります。

 足立こずえ(日本基督教団鳳教会牧師)、有馬理恵(俳優座・「ロラマシン物語」出演)、小林邦子(弁護士)、小牧薫(大阪歴史教育者協議会委員長)、田中泰雄(弁護士)、長谷川俊夫(天理教教会長)、村田浩治(弁護士)、山田●子(大阪YWCA会員)
 ※●はさんずいに「美」。

 請願書には、次のような文章がふくまれています。

 「よって日本政府(立法府)においては
 1・1993年の河野洋平官房長官談話と矛盾した対応をとらないこと
 2・すべての真相究明をおこなうこと
 3・すべての被害者への公式謝罪と補償をおこなうこと
 4・学校教育で史実を教えること

 などすべての被害者への尊厳回復のために努力し、誠実な対応をしていただくよう求めます。」

 当面の取り組みは、①署名運動の推進者となる200名の賛同人を募ること、②街頭署名活動を行うこと、③各地域ごとの取り組みを企画していくことなどとなっており、署名の第一次期限を11月10日としています。

 12月議会開始の15日前が提出期限であることからの〆切設定であるようです。

 9/23堺市請願署名スタート集会

 大いに期待し、応援していきたい取り組みです。(石川)

吹田市議会各会派&議員宛てに意見書採択への要請メールを送りました。(丸ちゃん)

吹田市議会各会派あてに以下のような、意見書採択への要請をメールしました。25日の議事運営委員会で本会議に提案するかどうかが決められるそうで、注視したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吹田市議会各会派議員のみなさんへ

 日夜、吹田市民のためのご活躍、心から敬意を表するものです。

 さて、本9月議会に提案されています、日本軍「慰安婦」問題解決に向けた意見書の採択を以下の理由により強く要望します。

 私は今月初め、韓国の日本軍「慰安婦」被害者の方たちが生活している「ナヌムの家」を訪問し、資料館を見学、李玉仙(イオクソン)さんという元「慰安婦」の方のお話を聞いてきました。昨年に続いて2度目の訪問でした。その後、同所で暮らしていた身近な2人の元「慰安婦」が亡くなられたことやご自身の体のこともあるのでしょうか、いえ、何よりもどうしようもない日本政府に対する怒りなのでしょうか、彼女の私たち訪問者に対するお話と問いかけはとても切迫し厳しいものがあると感じました。私は証言を聞いた日本人の一人として、また現在の日本政府の在り様に責任を持つ有権者の一人として何かをせずにはいられない、そういう気持ちになりました。

 彼女たちは年々老いていく体(多くの方が何らかの障害や病気を持っています)を押して、日本はもとより世界各地へ出かけ、それこそ数えきれないぐらいの証言を行ってきました。その結果、欧米諸国をはじめとする多くの各国政府関係者の間で日本軍「慰安婦」問題への関心は高まり、日本政府の対応が注視されるという情勢になってきています。日本政府が何らかの対応を取らない限りは、彼女たちはこれからも世界各地で証言を語っていかれるでしょうが、しかしもはや事態は一刻の猶予も許されない段階にあります。彼女たちはすでに80歳を超える高齢です。イオクソンさんは「日本政府は私たちが死ぬのを待っている」と言われました。その問いかけは日本という国全体に対してなされたものであり、私たち一人ひとりに対して迫られたものだと強く感じました。

 そう考えると、いったいこの国は何をしているのか、私たちの政府は何をしているのか、私たちの議会は何をしているのか、議員は何をしているのか、そして私たち一人ひとりは何をしているのか、という焦燥感のようなものを抱いてしまいます。

 問題は私たちの父親、あるいは祖父の世代が行ったことだから私たち世代には関係がないということですまされるものではありません。どうか、かつての戦争の加害行為責任が今現在も解決されることなく、そのまま私たちの世代に引き継がれているということを知っていただき、いまその解決が迫られているということを理解して欲しいのです。その責任を果たさずしてどうして日本のアジア、あるいは世界におけるこれからの将来を見通すことができるのでしょうか。

 どうか吹田市会議員のみなさん、元「慰安婦」の方たちの願いに思いを寄せてください。ことは議員のみなさん個人や所属会派の利害を超えた問題です。いまこそ小異を捨てて、あなたたちの良心に基づいた大義を果たしてください。一人の人間として、日本政府の現在および将来に責任を持つ有権者として、また少なくとも一市民の私よりは大いなる影響力を持たれる立場にある人として・・・。
 
 以上、吹田市民の一人として、納税者の一人として、さらに市会議員であるあなた方に責任を持つ一人の有権者として、切に要望し、注目するものです。

2008年9月23日  吹田市吹東町在住 丸尾忠義

「慰安婦」意見書採択へ向けて、吹田市議会各議員へ要請を! (丸ちゃん)

 さて吹田市議会の意見書決議の行方ですが、9月議会最終日26日に結果が出るそうで、それまでにどれだけ各議員を説得できるかがカギになります。なので各会派への要請・説得を強めねばなりません。私もメール攻勢を行うつもりです。26日には議会の傍聴にも行ってみようかと考えています。



Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。