Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナヌムの家」の生活館新築工事完了

 以下は、「ナヌムの家」からとどけられたメールです。転載します。(石川)

------------------------------

皆さま、アンニョンハセヨ

お元気でしょうか。

「ナヌムの家」所長、安信権と申します。

このたび、ハルモニたちの生活する「生活館」を新築工事が完了しました。ご報告と共に、竣工式の開催をお知らせします。

《授賞式及び、竣工式へのご招待》

アンニョンハセヨ。ナヌムの家です。

高齢及び「性奴隷」後遺症で肉体的、精神的苦痛を訴えていらっしゃる日本軍「慰安婦」被害者ハルモニたちを専門的に保護して、療養とリハビリのための専門療養施設を建立することとなりました。この間、国民たちの声援でつくられたナヌムの家、多くの発展と活動を通して歴史、平和、人権の聖地としての位置づけをして来ました。今回の行事に皆様を招待して歴史的な竣工式を行いますので、皆様のご参加をお待ちしております。

1、日時:2009年10月31日(土) 午前10時30分から12時

2、日程:

   1)国民儀礼(司会者)

   2)沿革及び、経過報告(院長 ウォネン僧侶)

   3)来賓紹介(副院長 スニョン僧侶)

   4)代表理事 挨拶の言葉(ソンウォルチュ僧侶)

   5)祝辞(来賓順)

   6)功労杯の贈呈

   7)テープカット(日本軍「慰安婦」被害者、代表、来賓)

   8)公募展の授賞式

   9)施設見学

   10)祝賀パーティー (食事)

3、連絡先:ナヌムの家 / 日本軍「慰安婦」歴史館

  担当:所長 安信権(アンシングォン)

Tel:+82-(0)31-768-0064

E-mail:nanum365@hotmail.com

後援物品受付け及び、ボランティアの募集

「ナヌムの家」所長 安信権(アンシングォン)

全国生存の日本軍「慰安婦」被害ハルモニたちの生活実態調査を基に、2002年専門療養施設建立のための「土地一坪運動」を展開して、1年で700坪を買入れ、建立を推進してきました。紆余曲折の末、2009年に工事がついに仕上がりました。2009年10月31日(土)に竣工式と、2009年11月7日(土)と8日(日)には入居式を行います。

それに先立ち、2009年3月に集中治療室を60坪を完工して、専門療養施設を工事の間には、ハルモニたちは臨時施設として使用しました。国民たちの声援によって作られてきた「ナヌムの家」です。今一度、感謝を申し上げます。そして新築の専門療養施設120坪、集中治療室60坪、付設施設70坪に後援物品を受付けています。

2009年11月7日(土)と8日(日)のハルモニたちの入居式の際に、引越しを手伝って頂けるボランテイアも共に募集致しております。

*後援物品(生活館ソファ、食卓、食器消毒器、冷蔵庫、飲食物処理機、電子レンジ、大型TV、簡易式椅子、掃除機、洗濯機、野外ベンチ及びパラソルなどなど)

*ボランティアも随時、受け付けています。

暖かいご支援とご関心、ありがとうございます。

これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ナヌムの家/日本軍「慰安婦」歴史館

所長 安信権
スポンサーサイト

カンパの様子が挺対協ニュースに

挺大協週間ニュース175号(9月7日~13日)に、私たち(大阪「慰安婦」問題フォーラムの名前で)からのカンパの様子が紹介されていました。関係部分のみを引用します。(石川)

-----------------------

9月9日(水)

1. 第882回 水曜デモは残暑の日差しがいまだ厳しい9月9日正午、韓国基督教教会協議会(NCCK)男女平等委員会の主管で開催されました: 今週は実務者の日本出張や、遅まきながらの夏季休暇等、事務所の日程が重なってしまい心配しましたが、この状況をどうやって知ったのか嬉しい面々が続々と到着し、人手不足の穴を埋めてくれました。久しぶりに会ったキム・ウンギョン作家は来るなりカメラを担当、学校に復学して忙しい中時間を割いて参加したミョンフンはビデオカメラ担当、そして水曜デモ皆勤賞のヒサさんは本日の進行表の配布を担当しました。結局は何も心配する必要なく、仕事は着々と行われました。



12時定刻、NCCKのジョン・ヘソン局長がマイクを取って力強く水曜デモの幕を開けます。長年共に歩んできた連帯の賜物で、ぎこちなさなど微塵も感じさせない水曜デモの司会っぷりで『岩のように』の歌も盛り上げてくれました。そして、ジョン・ギュジャ牧師様から「苦難を忘れるなかれ」というテーマでお話を聞き、ヤン・ノジャ幹事の経過報告へと続きました。ユン・ミヒャン代表とカン・チュヘ所長が不在の為、替わりに経過報告をすることになったヤン・ノジャ幹事は「今日は初めて経過報告をするので緊張していますが、よろしくお願いします」と始めましたが、その凛々しい声に気後れしている様子は微塵も感じられませんでした。富川市議会での決議案採択のニュースやネイバー(韓国のインターネットサイト)を通しての戦争と女性の人権博物館への寄付金500万ウォン達成のニュース、そして今進行中である日本での活動等、嬉しいニュースを参加者たちに伝えました。



続いて本日の参加者紹介と自由発言の時間です。物心両面で支援してくださるキム・ジニャン先生は、韓民族女性ネットワークの会議のためドイツからいらっしゃいましたが、忙しい中時間を作って参加してくださり、ハルモニたちに応援と激励の言葉を下さいました。沖縄の韓国民衆連帯から来たユン・ヨンジャさんは自由発言でより多くの人々にこの問題を伝えていくと、その決意を表してくれました。神戸女学院大学の学生たちも参加し、ハルモニたちの勇気と闘争に感動したと自分たちの胸の内を語ってくれました。学生たちと関西から来た活動家たちは発言の後、キル・ウォノクハルモニへ《大阪「慰安婦」問題フォーラム》を通して得た収益金を戦争と女性の人権博物館建設基金への募金として直接渡す時間も持ちました。それ以外にも漫画家チョン・ギョンアさん、米国から来た美術作家スティーブ・カバルロ、オルリベターノ聖ベネディクト修道女会の修道女たち、ボランティア達が参加しました。最後に、声明書を通して日本民主党の問題解決への責任ある対処を求め、韓国政府へも積極的外交を求めて、本日のデモを終えました。



すっかり秋らしくなってきましたね。今年の秋、日本大使館前で皆さんお会いしたいと思います^^ 参加してくださる皆様に心より感謝申し上げます。

鳩山政権は「慰安婦」問題担当の部署・担当者を決めよ

 以下、「オール連帯」のMLに流れた情報です。(石川康宏)

---------------------

皆さま、

おかげさまで、10日(土)、有意義な協議会を終える事ができました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      
■第3回オール連帯協議会(拡大会議)■
―新政権で解決しよう!!「慰安婦」問題、戦後補償問題!!― 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後でニュースでもお伝えしますが、今日は簡単にご報告します

1、参加者は遠来のお2人を含め35名、
福島議員、石毛議員、紙議員からメッセージをいただきました。

2、まず、事務局から、民主党の政策や政策決定の仕組みについて説明。
(事務局作成の「内閣閣僚他一覧」で、この問題への関心を確認)

3、次ぎに、戦後補償全体としての取り組みについて、
まず、他の戦後補償団体の方から、運動の現状報告と問題点の提起
をいただき、(軍人軍属、靖国合祀、強制連行、遺棄毒ガス、平頂山
問題等)、その後、共通の課題について討論に入りました。

鳩山首相の日韓首脳会談、その後の記者会見での発言をどう見る 
か? 政策にどう反映させるか? 有効な要請議員は? どこが戦後補
償を担当か? 議員立法禁止は変らないか? 全く白紙の議員には
工夫した資料で勉強してもらう、 千葉法務大臣や岡田大臣(「言葉よ
り行動」)などに賛意・激励して支えよう(意思表示を積極的に) 一般
市民への広報も分かりやすく、等々があり、

最後に、この集会参加者名で、以下の要請を鳩山首相他に送るこ
とになりました。(拍手で承認)
①、「歴史をしっかり見つめる勇気がある」という発言を責任あるものにす
るため、戦後補償(処理)問題の解決を外交政策に明確に位置づ
けて、所信表明演説に盛り込むこと。 (26日が所信表明)
②、この問題を担当する部署、及び担当者を決定すること。
③、この問題に関するNGOとの協議を継続的に行うこと。

4、休憩の後、「慰安婦」問題の具体的な取り組みについて、
まず、具体的に解決するためには、各国被害者の要求や生活状態・
各国政府や支援NGOの支援現状など情報が基本・不可決である、
と提案し、事務局や参加者から、韓国・マレーシア・中国(全般ではな
いが)・台湾などの被害者等の状況などについて情報を共有しました。
こうした内容は、被害者を支援してきた団体が一番よく知っている事
柄であり、今後、オール連帯だけでは不十分なので、そうした多くの団
体が協力し、NGOとして政府へ反映させていく必要があると、まとめま
した。 
5、「促進法案」と、「要綱案」がどう違うのか、まずは勉強してみたいと、
其々の法案作成に関わった、吉川春子元議員と、オール連帯の
大森典子弁護士に、要約的に説明をお聞きしました。

これは、今まで推進して来た「促進法案」は、政権交代下でも有効
か? という藍谷弁護士の問題提起を受けての企画です。
(詳しくは19日にバウネット主催で藍谷さんの勉強会が開催されます)

吉川さんは、促進法案の「哲学」は、3党で国会審議のために作った
「Q&A]に明らかだが、日本軍の「慰安婦」制度に対する加害責任を  
果たさねばならないという歴史認識であり、サ条約・2国間条約の縛りの中
で法的責任という意味では曖昧だが、しかし、国家の責任での謝罪と名誉
回復措置(金銭を含む)は明確である、と話されました。
他には、・具体的には「促進会議」を作って作戦を立て、実施は省庁で
ある(厚生労働省か、外務省) ・全体で1000億円と見積もった。(軍人
恩給は47兆円)等々です。そのほか述べられたことは、以下の大森さん
の「両案の比較」に重なりますので、そちらに譲ります。

大森さんは、「要綱案」は①下関判決を受けて立法化する際のたたき台
として作成、②反人道的行為であったこと、それを放置したことが憲法違反
として、謝罪と補償を目的にしている、と背景を述べ、両案の共通点と相
違点を挙げました。

共通点は、①事実を認め、謝罪・賠償する。②具体的には委員会を作
る。 ③「決着済み論」の上に立っている。(要綱案は、創
設的規定) ④日本人を除外 ⑤各国の了承を得ている。
相違点は、①組織的かつ継続的か、 組織的または継続的か?
②必要な措置(金銭含む)か、賠償・一時金と明記か。
③促進法は法文として整っているが、要綱案は要綱であ 
り、これを法文化するのには相当練る時間がかかる。
そして、最後に、「促進法案」の間接的な部分を少し実質的に詰めるの
がいいのでは、という意見を述べられました。

6、その後の討論では、
・日本人被害者の除外に反対意見 ・「慰安婦」資料を全面公開させ
る運動を ・アメリカ軍による被害についても調査を ・民主党内の右派
勢力の問題(「慰安婦」問題は火中の栗?) ・札幌の意見書採択後
の新運動 ・法的責任論再検討(最高裁判決で変っている) ・大森さ
んの意見に賛成意見(法律家で検討を)など、大いに意見交換が続き、
予定をオーバーして終了しました。(済みません)
皆さまの「慰安婦」問題をどうしても解決したいという熱意に支えられ、
今後とも共に活動を続けたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

なお、資料は、「外国人戦後補償法(試案)」(包括法案)、「促進法
案」、「要綱案」とその詳しい説明、民主党政策と仕組み関係、内
閣閣僚等一覧(作成中の資料付)、札幌市宛て要請書(過去と
現在を考えるネットワーク北海道)、大森さんレジメ、3議員のメッセ
ージ、他です。 ニュースに入れます。

オール連帯・事務局

国分寺市議会で「慰安婦」決議されました

 10月1日付で、東京都国分寺市議会でも「慰安婦」決議が採択されました。
 国内で11ヶ所目となります。 (立石孝行)

 同議会の議員名簿によると、会派の構成は以下のようになっています。

 自民党・新和会5名、共産党3名、公明党4名、

 生活者ネット・市民クラブ4名、市民サイド4名、

 民主党・無所属クラブ3名、無会派1名。

 反対は自民党4名のみだったそうです。 (自民党5名のうち1名は議長)

------------------

 日本軍「慰安婦」問題に関する意見書

 かつての戦争において、日本が近隣諸国の人々に多大な被害を与えてから既に64年がたつが、人々の戦争被害の傷はいまだいやされていない。日本軍「慰安婦」問題は、その象徴的なものといえる。

 アジア各地で被害にあった元日本軍「慰安婦」の方々の多くが80歳を超え、被害者の訃報が相次いでいる昨今である。日本政府は1993年に河野内閣官房長官談話を発表し、「当時の軍が関与のもとに、多くの女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である」とおわびと反省の気持ちをあらわした。

 この談話に対して、被害女性たちからは「公的に責任を認め、公的に謝罪しなければ、自分たちの真の名誉と尊厳の回復にはつながらない」との声が相次いだ。

 また、国際社会からも2007年アメリカ、オランダ、カナダ、EUなどの議会において、2008年にはフィリピン、韓国、台湾などそれぞれ日本政府に対して「慰安婦」問題の責任を認め、公的に謝罪を求める決議が採択された。

 被害女性の真の願いは、戦争を遂行するために女性の性が侵されることが二度と起きないように、また、未来の女性たちのためにも過去に行ったことには公的にけじめをつけてほしいというものである。

 1993年の河野談話は「我々は、このような歴史の真実を回避することなく、むしろ教訓として直視し、歴史研究、歴史教育を通じて長く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないということを固い決意を表明し、今後とも民間の研究を含め十分関心をはらっていきたい」と述べている。

 今、この精神を維持、発展させて、内容を具体化することこそアジアの人々の戦争被害の傷をいやし、和解して、平和的に共存していく筋道をつけることにつながると確信する。

 被害者の存命中に、名誉につながる納得のいく解決が急がれる。

 よって国分寺市議会は政府に対して、下記の項目について誠実な対応を求めるものである。

               記

1 「慰安婦」問題に責任を認め、国会において決議を行うこと。
2 被害者の声に耳を傾け、真相究明を行うこと。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成21年10月1日
                          東京都国分寺市議会

鳩山首相訪韓に際しての「慰安婦」被害者からの要請行動

 以下は、「オール連帯」のMLに流されたメールです。転載です(末尾の「添付」ファイルは掲載していません、改行などしています) 立石孝行

---------------------------------------------------------------------------------

---- Original Message -----
From: 韓国挺身隊問題 対策協議会
To: undisclosed-recipients:
Sent: Wednesday, September 30, 2009 4:45 PM
Subject: 鳩山首相への面談要請

皆さま

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

 来週、鳩山首相が韓国を訪問するニュースが伝わり、その時期に日本軍「慰安婦」被害者と面談を要請することにしました。

 要請の流れと今日までの結果をお知らせします。
9月29日(火) 在韓日本大使館に面談要請の公文FAX
         9/30に提出することを知らせ、文書での返事を依頼
9月30日(水) 水曜デモ後に参加していたハルモニが公開書簡と 
         面談要請を伝達

 29日に日本大使館に連絡して公文の送り先を聞いたところFAXを送るように言われました。公文は、「挺対協の公開書簡伝達および日本軍「慰安婦」生存者の鳩山総理面談要請」です。

 面談要請のため、9月30日1時に在韓日本大使館に公開書簡とハルモニの面談要請書を持っていくと伝え、この要請に関する答弁を文書でお願いしました。

 これに対し日本大使館側は、すぐに管轄である鐘路(チョンノ)署に連絡をしていたようですが、こちらには連絡はありませんでした。

 そのため30日の午前に挺対協から電話を入れると直接職員が出て受け取ることは無理だとも言われました。せっかく被害者が行くのだからとお願いしましたが鐘路署に連絡して相談してくれと繰り返すだけでした。

 とにかく水曜デモに向かい鐘路署の刑事と話しましたが日本大使館側が応じないとのことでした。警備室の横にただおいておいてくれと言われました。

 挺対協は、日本政府に抗議するのではなく、ハルモニたちが新しい政府と対話をしたいと申請しているのだと何度も鐘路警察署担当者を通じてお願いしました。

 これまで20年近く日本大使館前で日本軍「慰安婦」問題解決のために闘ってきた被害者が手紙を渡すのだからその気持ちを汲んで誰でもいいから人が受け取ってくれることを要請しましたが、最終的に聞き入れてもらうことはできませんでした。

 水曜デモ終了後にハルモニたちに状況を説明しどうするかをたずねました。ハルモニたちの答えは受け取る人がいなくても自分たちの思いを伝達したいというものでした。会ってこそ総理に伝えることができるのではないかと言われました。

 今日の水曜デモに参加したイ・スンドク、キム・スノク、ぺ・チュニ、パク・オクソン、イ・オクソン、キル・ウォノクハルモニが警備室に向かいました。

 そこはよくテレビに出てくる刑務所の面談室のようにガラス越しでガラスの中央に相手側に話せる穴があいていてガラス自体は黒く中の様子はわからなくなっていました。

 そのガラスに言いたいことがあれば話せといわれキル・ウォノクハルモニが「自分たちはこんなに老いてしまったが、日本が新しい政権になって、この機会に自分たちの問題を解決してくれることを望んでいます。どうかよろしくお願いします」と懇願しました。

 公開書簡は誰に手渡すでもなく、ガラスの下におくよう支持されました。

 きちんと手渡すことはできませんでしたがハルモニたちの気持ちが鳩山総理に届くことを願っています。

 また、韓国の外交通商部へも同じ公文を火曜に送っていますが長官が日本滞在とのことで直接伝達は来週に持ち越すことにしました。

 今回の要請への返事が来ましたら、またお知らせしたいと思います。

 本日伝達した挺対協(後援団体含む)の公開書簡とハルモニの面会要請を添付します。

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。