Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報です

韓国挺身隊問題対策協議会より訃報が届きました。
全羅南道にくらしていたシン・サンシムハルモニが
他界されました。
今月にはいり、二人目の訃報です。悲しみとあせりが
入り混じった気持ちでいっぱいです。心からご冥福を
お祈りします。
以下、韓国挺身隊問題対策協議会からの文書です。(立石孝行)
************************************************************************

皆さま

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

3月21日に全羅南道に暮らしていたシン・サンシムハルモニが亡くなられました。

ハルモニは1927年に全南に生まれ
1944年、18歳で木浦市場で連行された後
長崎県佐世保海軍慰安所で日本軍「慰安婦」生活を強要されました。
解放(終戦)と同時に輸送船に乗って麗水港に帰国し故郷に定着しました。
1992年に日本軍「慰安婦」被害者として申告しました。

ハルモニの最期の道に
日本からも冥福をお祈りください。
私たちのそばにいるハルモニは73人となりました。

「ハルモニ、安らかにお眠りください」
スポンサーサイト

宋神道ハルモニの安否について

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された、宋神道ハルモニの消息が
わかったと発信がありました。ご存知の方もいらっしゃる方もいると、
思いますが一報送ります。無事で本当に良かった~。

他の被災された方や地域の一日も早い復興をお祈り申しあげます(立石孝行)

*****************************************************************
皆様

大震災が起きた日から連絡が取れていなかった宋神道さんの名前が、
昨日、避難所名簿の中から発見されました。
この間、多くの方々からご心配のお電話、メールをいただきながら、
何もお返事ができず大変心苦しく思っておりましたが、昨日、確認
された名簿は姓名、住所、年齢などから見て、間違いなく宋さんだ
と思われます。
この間の様々な情報から、宋さんが無事でいることは確信しており
ましたが、やっと具体的な手がかりが掴めました。
さらに、宋さんの元気な声、様子を確認してお知らせするまでには、
若干の時間がかかるかと思いますが、あまり長くはお待たせせずに
すむかと思っております。

最終確認前でありますことから、取り急ぎ簡略にお知らせいたします。
ご心配、ご尽力いただいた皆様へのお礼の言葉は、本当に心から皆様に
ご安心いただける時に改めてさせていただきたいと思います。

今回の地震に関して韓国より声明が発表されました

東北地方太平洋沖地震および長野県北部を震源とする地震により被災された
みなさま、またご親族や知人の方へ心からお見舞い申しあげます。
一日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。
この度の地震へ韓国市民団体より声明が出されたと韓国挺身隊問題対策協議会
より連絡がありましたのでお知らせします。
また宋神道(ソン・シンド)ハルモニの安否も大変気になります。

明日第961回の水曜デモについて誤報が広まっているようです。水曜デモは
取り消しではなく追悼の気持ちをこめてサイレントデモ形態で、正午より日本
大使館前行ないます。遅くなりましたが、知人などから問い合わせなどありま
したらお伝えください。
以下、韓国挺身隊問題対策協議会からの報告です。(立石孝行)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
皆さま

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

韓国市民団体が今回の地震災害に対して出した声明を送ります。

***********
日本大地震災害に対する韓国市民団体の声明


今回の日本の東北地域で発生した地震と津波により、想像を超える被害と苦痛を
味わっている方々や被害者の方々に深い哀悼の気持ちを送ります。加えて、原子
炉の爆発による放射能被害と、今なお続く各種災難や悲報に驚愕と悲しみを禁じ
ることができません。一刻も早くこの災難が収拾されることを心から願っていま
す。

今回の東北地域の災害によって、日本の市民だけではなく少なくない数の在日同
胞と外国人も被害を受ける、もしくは今だに生死さえも確認できていない状態だと
聞いています。宮城県に居住する日本軍「慰安婦」被害者宋神道(ソン・シンド)
さんもまた、連絡がとれない状態だということで大変心配しています。

国境と民族を超え、この惨事を東アジアの痛みとしてすべての人々が立ち上がら
なければならない時です。日韓過去問題と関連した韓国の市民団体もまた、日本の
すべての人々がこのとてつもない惨事を乗り越えていけるよう、できる限りの努力
を行うつもりです。日本市民と在日同胞を含めた外国人すべての安全のため、最善
の努力と協力を行うことを韓国政府当局にも要請します。

再度、深い哀悼の気持ちを伝えながら、口にするにも辛い悲しみと衝撃を乗り越えて、
再び立ち上がることができるよう祈っています。そのために、韓国の市民団体も
積極的な協力を惜しまないことを約束します。

2011年3月15日

KIN(地球村同胞連帯)
(社)韓国原爆被害者協会
アジアの平和と歴史教育連帯
アヒムナ運動本部
韓国挺身隊問題対策協議会
原爆被害者および原爆2世問題解決のための共同対策委員会
世界NGO歴史フォーラム
全国歴史教師の会
太平洋戦争被害者補償推進協議会
大韓民国臨時政府史跡地研究会
挺身隊ハルモニとともに行動する市民の会
独島守護隊
ナヌムの家
南北経協運動本部
日本NPO法人 ASIA PEACE BUILDERS
興士団
平和統一市民連帯
平和博物館
民族問題研究所
靖国反対共同行動韓国委員会
歴史問題研究所
林鐘国先生記念事業会
正しい韓民族史運動本部
ウトロ国際対策会議
サハリン希望キャンペーン団
丹波マンガン記念館債権韓国実行委員会

訃報です

3月6日(日)の夕方にチャン・ジョムドルハルモニが他界されました。
これで74名となってしまいました。なんとしても20年目の今年に
日本で大きな動きができるように行動していきましょう。
ご冥福をお祈り申しあげます(立石孝行)
*****************************************************************
皆さま

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

昨日(3月6日)夕方にチャン・ジョムドルハルモニが亡くなられました。

ハルモニは
1923年に忠清北道ヨンドンで生まれ
16歳のときに連行され
満州・シンガポールなどで日本軍「慰安婦」という苦痛を強いられました。
解放(終戦)後は慶尚道やソウルなどで過ごし
晩年は仁川に落ち着きました。

2001年に被害者登録をした後
日本政府に対し名誉と人権回復を求め多くの人々に真実を知らせるため
積極的に活動されました。
2006年にはオーストラリアとドイツで証言集会を
2007年にはカナダ議会決議採択の現場で証言活動をされました。

つらい状況でも正々堂々ときりりとした態度で臨むハルモニでしたが
最近健康が悪化し入院した後に気力が落ちてしまい
昨日亡くなられました。
先日病院で会ったハルモニはいつもと違い涙を見せつつも
温かい春になればどこかに出かけたり水曜デモにも来ると話していま
したが結局長い別れとなってしまいました。

ハルモニの冥福をお祈りください。
韓国の生存者は74人となりました。

「ハルモニ、安らかにお眠りください」

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。