Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都府宇治市で意見書が可決されました

6月27日の宇治市議会本会議で、日本軍「慰安婦」婦問題での「政府の誠実な
対応をも求める意見書」が賛成多数で可決されました。
昨年の9月、埼玉県宮代町以来の意見書可決です。賛成議員は共産6人、
公明5人、社会3人、無会派2人の計16人。反対会派の議員数は自民6人、
民主6人の12名。市民団体から、請願書が提出されていたが、その請願書採択に
ともなって、意見書がだされたそうです。
生存されているハルモニもすでに60名になりました。この関西での可決を機に、
このことを学び、知る私たちが伝え、ひろげていけるよう行動しましょう!
以下、 意見書です(立石孝行)


ーーーーーーーーーーーーー
意見書案第7号

旧日本軍「慰安婦」問題について、政府の誠実な対応を求める意見書案を提出するについて


 会議規則第14条の規定により、みだしの議案を別紙のとおり提出する。

  平成24年6月18日提出
                                  
提出者  宇治市議会議員   水 谷   修
          同    河 上 悦 章
          同    浅 見 健 二                     
          同    片 岡 英 治


宇治市議会議長  堀  明 人  様

*************************************************************
旧日本軍「慰安婦」問題について、政府の誠実な対応を求める意見書

アジア・太平洋戦争の終結から67年が経過した今でも、戦争により被害を
受けた人々の傷はいやされていません。旧日本軍「慰安婦」問題は、その中
でも重大な問題です。
政府は1993年、内外関係機関や関係者への調査を踏まえ、河野内閣官房長官の
談話を発表しました。談話では、旧日本軍が「慰安所」の設置に関与したことや、
「慰安婦」が本人の意志に反して集められ、慰安所での状況は多くの女性の名誉と
尊厳を深く傷つけた痛ましいものであったことを明らかにしました。そして心からの
お詫びと反省を表すとともに、「お詫びの気持ちを、わが国としてどのように
表すかについては、有識者のご意見なども聞きつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える」
と述べました。
しかしその後の政府は、被害者に対し、国としての謝罪や補償を行っていません。
被害にあった女性たちは高齢になり、訃報も相次いでおり、一刻も早い対応が必要です。
「慰安婦」問題に誠実に対応することは、日本がアジアをはじめとする国際社会と
平和的に共存していくために不可欠です。また、真に人としての尊厳が守られる社会を
つくるためにも大切なことです。
 よって国におかれては、旧日本軍「慰安婦」問題については、先の河野談話に基づき
被害者の名誉回復に努め、誠実な対応をされることを強く要請します。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成24年6月  日

京都府宇治市議会議長 堀  明 人


衆議院議長  横 路 孝 弘 様
参議院議長  平 田 健 二 様
内閣総理大臣  野 田 佳 彦 様
総務大臣  川 端 達 夫 様
厚生労働大臣  小宮山 洋 子 様
男女共同参画担当大臣  中 川 正 春 様
スポンサーサイト

ふざけるにも程がある!この事実どう受けとめますか?!

こんな暴虐を許すことができますか?
平和の碑をなんと思っているのでしょうか? また日本大使館の対応にも驚きです。
久しぶりに怒りに震えています。非常識にもほどがある! 断固、糾弾すべき!
以下、仲間からのメールをします。(立石孝行)

***************************************************************************

共同通信速報で挺対協から18日の午後4時半ころ、ふたりの男が人権博物館に
立ち寄るも休館日だったため、帰ったが、建物より20メートル離れたところで白い杭
を立てていた姿が目撃されたそうです。

この白い杭には上の方に赤い丸印があり、下は「竹島は日本固有の領土」と書かれ
ているもので、「在特会」では東京の韓国大使館前、また関西では大阪領事館前
や京都の民団支部前、またロート製薬本社の前庭に彼らのメンバーが碑を立てる
ホーズを取り、動画撮影し全国に流しています。

また「主権回復を目指す会」の西村修平グループも、韓国大使館前での彼らの
「アンチ水曜デモ」のとき、同じように立てるポーズを取って、こちらも動画や
写真で流しています。

博物館近くに建てられた「碑」には日本語と共に横にハングルが書かれています。

挺対協はこのことを正式発表し、韓国の複数のメディアが報道しているようです。
なお、在特会のホームページや主権回復のブログなど点検していますが、具体的な
事実関係はどちらもまだ掲載していないようです。

■共同通信速報版
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0621&f=national_0621_021.shtml


在特会の先輩格に当たる、日本の右翼団体「維新政党・新風」の代表、鈴木信行ほか
1名が行なったことが判明しました。

調べていると在特会の友好団体である金友幸久が代表の「排害社」のブログが、堂々
「ソウル売春婦像に竹島の碑 維新政党・新風が大快挙!」と掲載していました。

しかも、彼らは18日博物館に行った後、19日の早朝ソウル日本大使館前の
平和の碑=少女像にその「竹島の碑」をくくりつけ、写真を撮るといったトンでも
ないことを行なっていました。

実行者は「維新政党・新風」の鈴木信行代表とほか1名です。

「排害社」のブログです。

維新政党新風の代表鈴木が得意げに記念写真を撮っています。

http://haigai.exblog.jp/

このブログには少女像前にくくりつけられた「竹島の碑」など、いろいろな
動画を載せています。

そして更にけしからんことは、鈴木に対応しているのは、水曜デモには決して
顔を出さない日本大使館の職員のようで、彼らの行動を聞き取り、
名刺交換すら行なっています。

こうなったら外務省徹底糾弾!のみです。

なお排害社のブログには全国各地に立てた「竹島の碑」の写真を掲載しています。
維新政党・新風の動画です。
http://video.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E9%9F%93%E5%9BD+%E6%85%l


講演会の案内です

同じ志をもった仲間たちが講演会を開催します。
日にちが間近ですが、貴重な話が聴けます。
周りの方をお誘いのうえ、お越しください(立石孝行)

★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡

「戦争と女性の人権博物館」オープンを記念して 
  ハルモニの希望こそ平和への道   

★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡

今私たちが生きる社会では、記録を隠し、歴史の事実を否定し、
被害者をおとしめる、まさに「記憶の抹殺」が始まっています。
歴史歪曲や差別・排外の高まりを打ち破り、真の平和に向けて
何ができるのか、ともに考えましょう。


日時:6月10日(日) 午後2時~(1時30分開場)
場所:尼崎女性センター トレピエ ホール
   阪急電車神戸線 武庫之荘駅
資料代:800円(学生400円)
報告1:尹美香 (戦争と女性の人権博物館館長、韓国挺身隊問題対策協議会常任代表)

      「戦争と女性の人権博物館」が開く平和の時代ー境界を超えた連帯を!
報告2:藤永壯 (大阪産業大学教授)
      「『慰安婦』・朝鮮学校・植民地主義ー問題の解決を阻むものは何か」

共催 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
    日本軍「慰安婦」問題を考える会・尼崎

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。