Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文書としては初の発見/宮古旧軍文書に「慰安所」明記(宮古毎日新聞より)

 5月25日の話と少し前なのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、関東学院大 林博史教授が研究資料として厚生労働省に情報公開請求した「軍法会議報告」文書の中から、見つけました。 林教授すごい!(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:宮古毎日新聞(2014年5月25日)
衛生上等兵、宮古島の慰安所で遊興
公文書としては初の発見/宮古旧軍文書に「慰安所」明記
http://www.miyakomainichi.com/2014/05/63062/

【記事の一部です】
 沖縄戦当時、宮古島に旧日本兵が通っていた「慰安所」があった事実を裏付ける公文書が初めて発見された。これまで、宮古島の慰安所の存在は戦争体験者や慰安婦の証言などで知られていたが、その存在が明記されている公文書が明らかになるのは初めて。関東学院大学経済学部の林博史教授が研究資料として厚生労働省に情報公開請求した「軍法会議報告」文書の中から見つけた。



スポンサーサイト

韓国で関東大震災の朝鮮人虐殺真相究明法制定へ(ソウル聯合ニュースより)

 韓国ではこのような動きもはじまっています。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:ソウル聯合ニュース(2014年5月26日)
韓国で関東大震災の朝鮮人虐殺真相究明法制定へ(5月26日) 聯合
関東大震災での朝鮮人虐殺 特別法推進委が発足=韓国
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/05/26/0400000000AJP20140526003500882.HTML

【記事の一部です】
1923年の関東大震災における朝鮮人虐殺の真相究明と名誉回復に関する特別法の制定を目指す推進委員会が26日発足した。 同委員会は同日午後、ソウル市内で記者会見を行い、「韓国政府が公式に真相を糾明する時まで、日本の国家的責任を要求する時まで、その歩みは決して止めてはならない」と宣言し、特別法制定を促した。 




河野談話めぐり菅長官「事実の洗い直しは不可能」(朝日新聞より)


菅官房長官の発言はあきらかにおかしい。河野談話作成にあたり「被害者から聴き取りをおこなったが、21年経った今、亡くなられた方もおり、被害者からの再調査は困難」と発言。そもそも21年ほったらかしにしてたのは、誰なのか。
今週末、東京で開催されるアジア連帯会議にどれだけの「慰安婦」被害者が来られると思っているのか。真実という証拠もこの21年間の間にどれだけ見つかっているのか。再調査は困難?? 何をふざけたこと。ホントいい加減にしてほしい(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:朝日新聞(2014年5月28日)
「河野談話」検証、今国会中に公表
河野談話めぐり菅長官「事実の洗い直しは不可能」
http://www.asahi.com/articles/ASG5X51MCG5XUTFK00D.html?iref=com_alist_6_02

【記事の一部です】
 菅義偉官房長官は28日の衆院予算委員会で、慰安婦の問題をめぐる河野談話について、「(元慰安婦による)証言の事実関係を洗い直すことは不可能だ」として、「政府として見直したり、新たな談話を出したりすることは考えていない」と改めて表明した。


続きを読む

サンチェス米下院議員、日本政府に謝罪求める声明(中央日報より)

先日、オバマ大統領が「慰安婦」問題を言及したことふまえ、米国下院議員が日本政府に謝罪を求める声明を発表した。このことにより日本政府はいつまでも「シカト」できない状況になってきたのは間違いないだろう (hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:中央日報日本語版(2014年5月23日)
サンチェス米下院議員、日本政府に謝罪求める声明
米議員、軍の慰安婦問題で日本政府に謝罪要求の声明
http://japanese.joins.com/article/680/185680.html?servcode=A00§code=A10




米バージニア州に「慰安婦」碑を設置(時事通信より)

首都ワシントンに近いバージニア州に「慰安婦」碑が建立されたそうです。30日に除幕式だとか。アメリカからも歴史をただせという行動が活発になってきています。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:時事通信(2014年5月24日)
米バージニア州に「慰安婦」碑を設置
米首都近郊に慰安婦碑=韓国系多いバージニア州
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201405/2014052400143&g=soc



韓国挺対協、慰安婦問題『解決済み』は矛盾(時事通信より)

ちょうど先日、韓国にいった次の日の話です。前日はスタッフが翻訳などの準備で、当日も朝から通訳などで、たくさんの日本人記者団の取材に応じていました。本当にお疲れさまでした。しかしそのことが、どのように反映(記事になるのか)されるかが、大事なとこです。同じこと聴いた記者団たちのその後をしっかり見ておこう(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

韓国挺対協、慰安婦問題『解決済み』は矛盾(5月20日)
「請求権協定で解決」は矛盾=韓国の慰安婦支援団体
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014052000692

【記事の一部です】
旧日本軍の元従軍慰安婦を支援する韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会の尹美香常任代表は20日、ソウル市内で日本人記者団の取材に応じ、1965年の日韓請求権協定で慰安婦問題も解決済みとの日本政府の立場について「65年当時に(慰安婦問題では)日本政府の責任を認めていないのに『解決済み』というのは矛盾している」と主張した。



李局長、慰安婦被害者など関係者の意見聴取(ソウル聯合ニュースより)

今回の韓日局長級協議にむけて、韓国李相徳局長は4月の協議後、「慰安婦」被害者や支援団体の関係者らと面会し、意見を聴取した。これまでも「慰安婦」問題の解決に向けた集中協議ができないとの指摘もあるが、今回は「慰安婦」問題が常に中心となるテーマと韓国政府筋は強調しているそうだ。ぜひ5月末に日本で行なう「アジア連帯会議」でいい報告があることを望みたい。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:ソウル聯合ニュース(2014年5月12日)
李局長、慰安婦被害者など関係者の意見聴取
韓日局長級協議 今週東京で開催=慰安婦問題など議論
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/05/12/0400000000AJP20140512002800882.HTML




日韓局長級協議、今週半ばに東京で開催(時事通信より)

韓国と日本の2回目の局長級協議が今週半ばに東京都内で開かれることが、ほぼ決まったそうだ。4月の初会合に続き、旧日本軍の「慰安婦」問題も取り上げる見通しで、日本戦時中の韓国人元徴用工賠償問題についても協議されるそうだ。(hong hyohaeng)

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆

参考記事:時事通信(2014年5月12日)
日韓局長級協議、今週半ばに東京で開催
日韓局長、今週協議=徴用工・慰安婦議題に
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014051200867




『慰安所』設立は旧日本軍の『公費』(新華社より)

最近、中国吉林省から「慰安婦」に関する資料が発見されているが、4月30日に「最新の資料が証明:慰安婦の強制連行は日本の国家的行為」と題した記事が掲載された。
具体的には、「慰安婦」制度は国が組織的に関与していたといった内容だ。まさに「河野談話」のみならず、今の日本政府や右翼たちが具の根もでなくなる内容である。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:新華社(2014年5月6日)
『慰安所』設立は旧日本軍の『公費』
慰安婦の強制連行は日本の国家的行為、最新の資料が証明―中国メディア
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/381331/

【記事の一部です】
「慰安婦制度」に関する資料は25件。その中には旧日本軍が公費を部隊の「慰安婦購入代」に振り替えていたことを示すものも含まれている。南京市と周辺の8つの市・県における旧日本軍の兵士数と慰安婦の配置と比率、旧日本軍の軍人が慰安婦を蹂躙して奴隷のように扱った悪行も記されていた。


「河野談話」検証、連休明けに検証チーム設置(日経新聞より)

このたび、菅官房長官の招集による「河野談話」検証チームがいよいよ動き出す。右派色をあいまいにするためだろうか、女性や人権派弁護士たちもメンバーに加わる。
 興味があるのは、検証メンバーももちろんだが、「河野談話」作成にかかわった石原元官房副長官や谷野元内閣外政審議室長らから経緯を聴きとるらしい。文言調整の際に(1)韓国政府とどのような擦り合わせがあったのか(2)韓国側からどのような要望を受け入れたか(3)日韓間でどのような共通認識があったか――などを検証する。
 検証の報告書は国会の求めがあれば公表するらしい。内容が真実に基づく「まとも」であって欲しいし、その内容に日本政府や日本維新の会などが「クレーム」をつけるような泥試合にならないことを期待したい(hong hyohaeng)

。・ ゚・。* 。 +゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・。・ ゚・。* 。 +゚

参考記事:日経新聞(2014年5月4日)
「河野談話」検証、連休明けに検証チーム設置
「河野談話」検証、6月に報告書 韓国との調整明記
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS03017_T00C14A5PE8000/



ソウル郊外のオリンピック公園に少女像設置(水原聯合ニュースより)

5月3日、水原市で「平和の少女像」が建立され、除幕式が行なわれました。これで韓国では、ソウル大使館前・統営市・巨済市・城南市に続き5人目となります。
この碑の建設にあたり、水原地域の宗教団体や市民社会団体の関係者が建立推進委員会を発足させ、寄付を募って設置されました。なんと約1万2000人が寄付し、7000万ウォン(約696万円)余りが集まったそうです。素晴らしいですね。
また会いに行きたいですね。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆

参考記事:水原聯合ニュース(2014年5月5日)
ソウル郊外のオリンピック公園に少女像設置
ソウル郊外の水原市でも慰安婦象徴の少女像設置
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/05/2014050500111.html







吉林省で出版された旧日本軍関係資料集(中国国際放送より)

へ~。今回発掘した資料を整理して出版されたんや~。
(hong hyohaeng)

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆゜*゛:¨*;.・’;゛

参考資料:中国国際放送(2014年4月30日)
吉林省で出版された旧日本軍関係資料集
偽満州国公文書資料と研究成果 吉林省で出版
http://japanese.cri.cn/881/2014/04/30/142s220390.htm

【記事の一部です】
 吉林省檔案(公文書)館所蔵の偽満州国時代の公文書に基づく研究成果をまとめた書籍『鉄証如山――吉林省新発掘日本侵華檔案研究』がこのほど、吉林出版集団から出版されました。
 この本は、南京大虐殺・慰安婦の強制連行・731部隊へ「特別移送」された人・労働者の強制連行・日本軍の暴行・東北への移民・東北の抗日連合軍に対する弾圧・英米など捕虜に対する尋問と虐待という8つの部分に分かれ、合わせて89点の公文書を公開しました。





「慰安婦」強制連行は日本の国家的行為(中国国際放送より

1945年8月、日本が降服を宣言した後、各地で罪証を隠蔽するため、焼却命令がだされたが、焼却しきれなかった公文書を地下に埋めたそうです。その公文書が1953年吉林省駐在の解放軍部隊が地下ケーブルの敷設工事中発見したということです。(hong hyohaeng)

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆゜*゛:¨*;.・’;゛

参考記事:中国国際放送(2014年4月30日)
「慰安婦」強制連行は日本の国家的行為
旧日本軍の公文書 「慰安婦」に国が関与の証拠
http://japanese.cri.cn/881/2014/04/30/142s220395.htm

【記事の一部です】
 中国吉林省公文書館がこのほど公表した旧日本軍の公文書から、「慰安婦」の強制連行や慰安所設置は旧日本軍が公費で負担した公的な行為だということが分かりました。さらに、中国・韓国・朝鮮のほか、一部の東南アジアの国も「慰安婦」制度の被害者となっていることも分かりました。




Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。