Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「河野談話」検証結果の要旨(時事通信より)

政府が公表した河野洋平官房長官談話の検証結果に関する報告書の要旨がでたのでアップします。(hong hyohaeng)

。゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:時事通信(2014年6月20日)
「河野談話」検証結果の要旨(
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014062000946



 
スポンサーサイト

「日本政府は「河野談話」検証を即刻中断せよ!」(挺対協より)

挺体協から河野談話検証について日本政府への論評が発信されています。
日本政府は、今度の河野談話検証が談話そのものの検証・見直しではなく、その作成経緯についての検証だと主張しています。しかし、日本政府がこの作成経緯の検証によって明らかにしようとしているのは、河野談話が実際は日韓の政治決着の産物にすぎず日本政府の本意で作成したものではないということであり、それは結局のところ河野談話の内容に反していると挺対協は批判しています。挺対協は日本政府が河野談話を継承し正しい問題解決に向かうよう求めています。(粟井栄治)

本文は以下の画像をクリックしてください。

挺対協論評「日本政府は「河野談話」検証を即刻中断せよ!」1/2
挺対協論評(河野談話)1/2

挺対協論評「日本政府は「河野談話」検証を即刻中断せよ!」2/2
挺対協論評(河野談話)2/2

6月29日シンポジウムのお知らせ

6月29日が近づいてまいりました。「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会が企画していますシンポジウムについて再度お知らせいたします。このシンポジウムでは、日本近現代史を専門にされている西尾泰広先生に靖国問題・日本軍「慰安婦」問題のお話を、そして、中学校で教員をされている平井美津子先生からは、中学生にこの問題を教えるということ、安倍政権が教育をどのような方向に変えつつあるのかについてお話をいただき、お二人のお話から安倍政権の歴史認識と今後について考えます。(粟井栄治)

『歴史に逆行する安倍政権と私たちの未来を考える集い
 ー靖国参拝と「慰安婦」問題への対応を中心にー』
会場:おおさかパルコープ3階大会議室(大阪市都島区東野田町1-5-26)
時間:6月29日(日)午後1時30分より
企画内容:シンポジウム「安倍政権の歴史認識を考える」
     報告1:西尾泰広さん(関西勤労者教育協会講師)
     報告2:平井美津子さん(子どもと教科書大阪ネット21 事務局長・教員)
     司会:石川康宏さん(神戸女学院大学教授)

下の画像をクリックして御覧ください。



6月29日学習会チラシ20140303

元慰安婦ら 韓国人教授著書の出版差し止め求め提訴へ(聯合ニュースより)

 昨年8月に出版した書籍「帝国の慰安婦」について、ナヌムの家のハルモニたちが訴訟を起こした。日本にもくだらないプロパガンダがいれるが、韓国にも「慰安婦」ハルモニに対してのプロパガンダがいるとは・・。
 「慰安婦」ハルモニたちを、「食い物」にしている、朴裕河(パク・ユハ)教授はきっちり裁判で判決が下されることを祈ります。もうこれ以上、ハルモニたちを苦しめないでください。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:広州聯合ニュース(2014年6月15日より)
元慰安婦ら、朴裕河教授の著書の出版差し止め求める
元慰安婦ら 韓国人教授著書の出版差し止め求め提訴へ
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/06/15/0400000000AJP20140615000100882.HTML

【記事の一部です】
 旧日本軍の慰安婦だった被害者が、自身らを著書で「売春婦」「日本軍の協力者」と中傷したとして著者らを相手取り民事・刑事訴訟などの法的対応に乗り出す。
 ソウル近郊の「ナヌムの家」(京畿道広州市)で共同生活を送る元慰安婦のイ・オクソンさんら9人は15日、世宗大の朴裕河(パク・ユハ)教授(日本語日本文学科)が昨年8月に出版した書籍「帝国の慰安婦」に対する出版、販売、発行、複製、広告などを差し止める仮処分をソウル東部地裁に16日に申請すると明らかにした。






戦時性犯罪の撲滅目指す国際会議で日本を批判 (聯合ニュースより)

12日からイギリスのロンドンで「紛争地域の性的暴力防止を目指す国際会議」というものが開催されている。そこで韓国政府外交部の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官は、日本政府に対し「『慰安婦』被害者は今でも韓国や世界各地で人間の尊厳を取り戻す日を指折り数え、一生トラウマを抱えて生きている。過去の過ちに対する日本の責任を認め、行動に移すのは悲劇の再発を防止する必須要件」と強調したそうだ。全く持ってそのとおりだと思う。
 「慰安婦」問題は決して韓日だけの問題では無いということ。そしていまも被害者たちは心を痛ませながら生きているということ。このことを、理解できない日本政府に、日本にいる私たちも間違った報道や教育をしっかり正し、伝え広げていかなければならないと思う。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:ロンドン聯合ニュース(2014年6月13日)
韓国外交部の趙第2次官、日本は過去の過ちを認め行動すべき
戦時性犯罪の撲滅目指す国際会議で日本を批判=韓国政府
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/13/2014061303745.html

【記事の一部です】
韓国政府が12日(現地時間)、英ロンドンで開かれた紛争地域の性的暴力防止を目指す国際会議で、旧日本軍による慰安婦問題に言及し、日本政府に対し反省と責任ある措置を促した。
防止について話し合いが行われる。


中国が「慰安婦」・南京事件を世界記憶遺産に登録申請

今回のことを受けて、菅義偉官房長官は記者会見で「政治的意図を持って申請したと判断すれば、抗議のうえ取り下げるよう申し入れたい」と述べている。また韓国政府は女性家族省が主導し、韓国や中国、東南アジアに散らばる慰安婦関連資料を集め、来年にもユネスコに申請する方案を検討しているそうです。表記の内容の関連記事を3社紹介します。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

【参考記事】
■日経新聞(2014年6月10日)
中国が慰安婦・南京事件を世界記憶遺産に登録申請
慰安婦・南京事件を世界記憶遺産に 中国が登録申請
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDE10005_Q4A610C1PP8000/

■サーチナ(2014年6月10日)
中国の「慰安婦資料」、韓国とは別(6月10日)
中国が「慰安婦資料」を記憶遺産に申請・・・韓国政府「わが国が進める事案とは別」=韓国報道
http://news.searchina.net/id/1534655

■東京新聞(2014年6月11日)
中国外務省、「重要な歴史価値」
「南京事件」「慰安婦」 中国、記憶遺産申請
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014061102000106.html






訃報です

 このブログでの訃報が遅くなりましたことをお詫び申しあげます。今回の訃報をうけて個人的に感じたことも書かせていただきます。(hong hyohaeng)

 6月8日早朝に、ナヌムの家にくらしていました ペ・チュンヒ ハルモニが他界されました。享年91歳。老衰だったようです。長く、日本に住んでおられたこともあり、日本語もふだんから喋られるので、日本からナヌムの家に行かれた方には印象に残っていることだと思います。
 私も2005年にナヌムの家に訪れ、初めて会話をした「被害者」でした。その後、ナヌムの家に行くたびに前回撮った写真を持っていってお渡しし、「また今年もいっしょに撮れましたね。また次回も撮りましょうね」と交わした会話がなつかしく想い出されます。
 この4月に当会で韓国平和ツアーを行ないました。ナヌムの家にも行ったのに、ハルモニに会わないまま、そこを出発しました。「次回来た時にでも・・」と。 安易でした。後悔ばかりがつのって仕方ありません。亡くなったことが、いまだに信じられません。

 後悔という点では、日本政府からの謝罪の言葉を聞いてもらうことなく、旅立だせてしまったことです。5月末に第12回アジア連帯会議で「被害者」の一人である金福童ハルモニが言っていました。「死ぬ一日前でもいい。日本政府からの謝罪を聞いて、大の字になって寝てみたい」と。その言葉を糧に活動を と思っていた矢先の今回の訃報。悔やまれて仕方ありません。早期解決ということは、もう日々で考える猶予はないということを思い知らされました。
 今回の連帯会議参加者の賛同提議として、「日本政府に対して河野談話以降に発見された歴史資料を突きつけ、加害事実と責任を認めさせ、『被害者』に対して謝罪と賠償を改めて求める」でした。そして「被害者の生存中にそれを実現する」ということでした。しかしながら、今回の訃報で、日本軍「慰安婦」の生存者は54名となりました。
 「被害者」が例えいなくなっても、この運動は続けていかなければならない。なんて考えていた時期がありましたが、完全に間違っていました・・・。「被害者」の気持ちなんて全然考えていなかった・・・。
 日本政府から謝罪の声を聞くことができないまま旅立つことがないようにしなければならない。そのためには、なんとしても「被害者」が生存している間に、日本政府に加害の事実と責任を認めさせ、謝罪をさせます。

 本日はペ・チュンヒ ハルモニの告別式がナヌムの家で行なわれました。天国までの道のりを迷わないよう、みなさんの祈りで導いてあげてください。最後になりましたが、心からご冥福をお祈りもうしあげます。




河野談話の検証結果、公表も検討 安倍内閣が答弁書(朝日新聞より)

ついに「検証」のベールが明かされる・・・。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:朝日新聞(2014年6月6日)
「河野談話」検証、公表を検討
河野談話の検証結果、公表も検討 安倍内閣が答弁書
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11176994.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11176994

米上院議員、「慰安婦」問題解決へオバマ大統領に書簡(新華社より)

2007年米国下院議員が日本政府に対して「正式かつ明確な形で慰安婦問題を認め、謝罪すること」と決議が承認されたが、上院議員が書簡として公的に訴えるのは初めてのことらしい。
このニュースは、元々は韓国の聯合ニュースが報道をしていたのだが、中国の新華社が改めて報道をしているところに、昨今の中国からの「慰安婦」問題解決へ向けた日本政府への圧力を感じる。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:新華社(2014年06月07日)
米上院議員、「慰安婦」問題解決へオバマ大統領に書簡
「慰安婦問題解決へすぐ行動を!」米上院議員らがオバマ大統領に書簡―韓国メディア
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/385047/

【記事の一部です】
韓国駐米大使館の当局者によれば、米上院の議員3人が5日午前、オバマ大統領に対して米政府が旧日本軍の従軍慰安婦問題解決に向けてすぐに行動するよう、強く促す書簡を送った。韓国・聯合ニュースの報道として、中新網が6日伝えた。

台湾の「慰安婦」博物館、被害者存命のうちに完成へ(人民網より)

台湾でも博物館建立の動きが出てきました。「慰安婦」被害者がご存命の間に建設をと、望んでいる。現在台湾の「慰安婦」の生存者は5名。博物館の建立も大切だが、一日も早い日本政府の謝罪をさせなければいけない。
先 日のアジア連帯会議で「慰安婦」被害者がこういうことを言っていた。「私たちが亡くなる一日前でいい。日本政府からの謝罪を聞いて、手足をひろげて心安らかに寝てみたい」と。この希望はなんとしても叶えてあげたい・・・。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:人民網日本語版(2014年06月04日)
台湾の「慰安婦」博物館、被害者存命のうちに完成へ
台湾の人権団体、慰安婦博物館の建設を計画
http://j.people.com.cn/n/2014/0604/c94475-8736750.html

【記事の一部です】
台湾地区の人権団体、婦女救援基金会は現在、慰安婦・国際婦女人権博物館の建設を計画しており、同博物館を通じて女性の人権についての社会認識を高めたい考えだ。台湾紙「中国時報」が伝えた。


アジア連帯会議、韓国・中国メディアからも詳細に・・・。

韓国の「聯合ニュース」、中国の「新華社」からの先日のアジア連帯会議のことを報道しています。院内集会の様子がとても詳細に記事にしていただいています。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

◆参考記事:聯合ニュース(2014年6月2日)
韓国、フィリピン、インドネシアなどの「慰安婦」被害者らが訴え
各国の慰安婦被害者 東京で体験を証言
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/06/02/0400000000AJP20140602002700882.HTML

◆参考記事:新華社(2014年06月03日)
「慰安婦」問題解決求め、アジア諸国の被害者が声明
中韓比などの国の慰安婦が東京で会議、日本に謝罪賠償を要請
http://www.xinhuaxia.jp/social/36497




アジア連帯会議、内閣府に「慰安婦問題提言」「慰安婦」強制示す公文書を提出

今回の会議で確認しました「慰安婦問題提言」並びに、「慰安婦」強制示す公文書など529点を内閣府を通じて、「慰安婦」被害者の方たちと政府に提出してきました。ここでは2社の記事を紹介します。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:共同通信(2014年6月2日)
アジア連帯会議、内閣府に「慰安婦問題提言」を提出
元慰安婦らが集会で訴え 「一日も早く謝罪を」
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060201002418.html


参考記事:朝日新聞(2014年6月3日)
「慰安婦」強制示す公文書など529点を政府に提出
「慰安婦」問題の提言書、内閣府に提出
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11169768.html?_requesturl=articles%2FDA3S11169768.htmlamp;iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11169768




インドネシアの元慰安婦ら、体験語る 東京で集会(朝日新聞より)

5月31日~6月2日に行なわれた「アジア連滝会議」の内容が記事になっています。ここではインドネシアから来られました、ミンチェさんが日本で始めて当時の事を語った内容が紹介されています。現場にいましたが、語りながらどんどん辛くなっていくミンチェさんを見ていると、こちらまで辛くなりました。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:朝日新聞(2014年6月1日)
市民団体、「河野談話」の維持と賠償措置を政府に要請へ
インドネシアの元慰安婦ら、体験語る 東京で集会
http://www.asahi.com/articles/ASG5062THG50PTIL00N.html



日本軍は慰安婦以外にも性暴力(神奈川新聞より)

アジア連帯会議にも来られていました、川田文子さんが5月25日に相模原市で行なわれた講演内容の概要が紹介されています。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

参考記事:神奈川新聞(2014年5月27日)
日本軍は慰安婦以外にも性暴力
「慰安婦の他にも性暴力被害者がいる」 ジャーナリストが相模原で講演
http://www.kanaloco.jp/article/71993

【記事の一部です】
 戦時下の性暴力被害者は「慰安婦」とされた女性たちだけではない。慰安婦問題の取材を続けるジャーナリスト川田文子さんが25日、相模原市内で講演し、日本軍による性的被害などを訴える各国女性らの証言を紹介した。加害の歴史への認識と、反省の必要を強調した。


Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。