Entries

訃報です

ブログ閲覧のみなさま。年末から悲しいお知らせが続いています。
2010年、年明け最初のブログアップも慶北キョンサンに暮らす
キム・スナクハルモニの訃報でした。今年も訃報が最初のブログ
アップとなりました。とても悲しいです。
年末から年明けにかけて、チョン・ユノンハルモニとイ・ギソン
ハルモニお二人のハルモニが他界されました。日本軍「慰安婦」
生存者は78名となりました。心からご冥福をお祈りいたします。

「慰安婦」問題に関して、運動の歩みはすすみつつも、残念ながら
国政を動かすまでにはまだまだ至っていないのが現状です。今年、
2011年は金学順ハルモニが「慰安婦」であることを公表して
20年がたちます。そして今年の12月で水曜デモは1000回を
むかえます。
なんとしてもそれまでに決着をつけるよう更なる動きをつくりあげて
いきたいです。
以下、韓国挺身隊問題対策協議会からの訃報です。(立石孝行)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
皆さま

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

2010年最後の日である12月31日
夕方9時にチョン・ユノンハルモニが亡くなられました。
年越し直前に連絡が入り今日の朝から弔問に行ってきました。
ちょうど1年前の1月2日に亡くなられたキム・スナクハルモニを思い出します。
年末年始も関係なくハルモニたちには突然死がやってきます。

2010年に亡くなった被害者は9人に増え
日本軍「慰安婦」生存者は79人に減りました。
日韓政府と社会が一日も早く日本軍「慰安婦」問題を解決するよう努力しなければと
いう切迫感を感じます。

ハルモニがこれからいくところには
植民地もなく、女性への暴力もなく、娘だと無視され差別されない場所ではないこと
を願っています。
故人の冥福を祈ります。

*******************************************************************************
皆さま

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

昨年末からハルモニの訃報が続いています。
去年から腸間膜梗塞症で入院していた
統営のイ・ギソンハルモニが1月3日午前11時30分ごろ亡くなられたと
統営市民の会から連絡が入りました。

イ・ギソンハルモニは
1923年に慶南統営市で生まれ
1939年に17歳で日本の工場に行けばお金を稼げるとの言葉に騙され
村の少女2名と一緒に統営から船に乗って釜山に行き
汽車で中国に連行され「タマコ」という名前で6年間苦しい日本軍「慰安婦」生活を
強要されました。
1945年秋に出国を強制され日本の船に乗って釜山に帰国し
釜山捕虜収容所で2ヶ月収容された後
船に乗って故郷の統営にもどってきました。
1993年に日本軍「慰安婦」被害者として申告し
2004年からは日本政府の謝罪と賠償を求めて活動してこられました。

昨年12月20日に応急室に運ばれ病魔と闘われましたが
今日無念を残したままこの世を去られました。

1月4日には市民社会団体葬が開かれ
5日に出棺となります。

極寒の中
ハルモニの健康が悪化しています。

日本からもハルモニの冥福をお祈りください。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/179-4c0cd47c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード