Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/188-15b7f3f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

兵庫県宝塚市の意見書です

日本の市町村で始めて採択された意見書です。しかも全会派賛成です。
この運動の貴重な第一歩として歩み続け、一人でも多くのハルモニの
笑顔が見れるよう必ずやゴールテープを切りましょう。
以下、意見書です。(立石孝行)

*********************************************************************

日本軍「慰安婦」問題に対して、政府の誠実な対応を求める意見書

 2007年7月30日、アメリカ下院議会は全会一致で、「日本軍が女性を強制
的に性奴隷にした」ことを「公式に認め」「謝罪する」よう日本政府に求める決議
を採択しました。
 当時の安倍晋三首相は7月31日、この決議採択を「残念なことだ」と評し、
生存する犠牲者に日本政府は公式謝罪しないことを強くほのめかしました。
 これは、1993年の河野洋平官房長官の談話と矛盾する態度です。このような
態度をとっていては、これまでに日本政府が口にしてきた「謝罪」が、本心とかけ
離れた、口先だけのものであると受け取られても仕方ありません。また、村山首相の
お詫びの手紙と共に一部の被害者に届けられた「女性のためのアジア平和国民基金」
は、国際社会の批判をかわすための欺瞞であったのではないかと言われても仕方ない
でしょう。
 日本政府に謝罪と賠償、歴史教育などを求める決議案は、アメリカの議会決議に
続いて、11月にオランダとカナダで、12月13日にはヨーロッパ議会で、採択
されました。
 日本政府が、日本軍「慰安婦」の被害にあった女性達に対して、いまだに公式の
謝罪もせず、補償もせず、真相究明や責任者処罰をしないばかりか、教科書からも
その記述を消し去って、無かったことにしようとしていることに対して、世界各国で
批判の声が高まっているのです。
 今、世界中で、日本軍「慰安婦」問題を解決するための運動が広がりを見せています。
 しかし、これらの世界の動きは日本では必ずしも十分に報道されていません。
政府においては、1993年の河野洋平官房長官の談話の上、さらに日本軍「慰安婦」
問題の真相究明を行い、被害者の尊厳回復に努め誠実な対応をされるよう求めます。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
 
    平成20年3月28日                         宝塚市議会議長 小山 哲史

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/188-15b7f3f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。