Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/22-dd85cee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平和ツアー団長さんから

 9月30日の大阪民医連の「慰安婦」学習会の記事に、以下のコメントを書き込もうとしましたが、うまくいきませんでしたと直接連絡がありました。

 かわって、こちらにアップしておきます。(石川)

------------------------------------------------------

大阪民医連韓国平和ツアー団長のKA、57歳です。

石川先生、学生さん講演ありがとうございました。多くのひとに聴いてもらいたかったのですが参加者が少なく残念でした。

私は、昨年3泊4日で初めて韓国を訪れ、ナヌムの家をはじめ、オドウサン統一展望台、西大門刑務所記念館、戦争記念館、また韓国の民医連といえる緑色病院などを見学してきました。

日本に帰ってから、慰安婦問題をはじめ日韓の交流を進めていくことが自分の課題となりました。8月3日のシンポジウム「私たちに何ができるか~若者たちと考える「慰安婦問題」や8月10日の「関西フォーラム 『慰安婦』決議に応え 今こそ真の解決を!」などに参加してきました。

自分の周りに「慰安婦」問題や韓国との交流を広めたいと思っていたところ、大阪民医連が韓国平和ツアーを企画したので応募したら、私が団長で参加することになりました。旅行団は熟年半分、若者半分というおもしろい構成になりました。

帰国後各人がそれぞれに問題意識を持ち、その後も継続して、慰安婦問題に限らず、韓国との交流を続けていけるような平和ツアーにしたいと思っています。

石川先生から、ぜひツアーの報告をと頼まれました。石川ゼミの学生さんほどの報告本はつくれませんが、何か形のあるものを残したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/22-dd85cee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。