Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/231-d22cf79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訃報です

訃報が続きます。とても胸が詰まる思いです。
先週末の韓日首脳会談でも、事前報道では「慰安婦」問題解決について話し合うと
ありましたが、そこまでには至っていません。
生存されているハルモニは67名となりました。

やはり心あるのもが、ハルモニの想いを政府や社会に届けなければなりません。
そのためには、ネットワークをつなぎ、学習をかさね、同じ思想のなかまを増やし、
世論を高めていきましょう。 
心からご冥福をお祈りもうしあげます。
以下、韓国挺身隊問題対策協議会からのメールです。(立石孝行)

*****************************************************************************

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

先日ハルモニの訃報をお伝えしたところですが
続けて悲しいお知らせが入ってきました。

蔚山(ウルサン)で暮らしていたソン・ナミハルモニが亡くなられました。
享年90歳。
無念のまま目を閉じられました。

長い間老衰で施設に暮らしていましたが
9月25日午後に息をひきとられました。

こうしてひとりひとりハルモニが亡くなっていかれ
残された時間がないことを実感します。
今年に入ってすでに12名のハルモニが亡くなり
生存者は67名になりました。

どうか植民地も戦争も女性への暴力もない世界で安らかに眠られることを願います。
故人の冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/231-d22cf79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。