Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/243-a230c1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノ・スボクハルモニが永眠されました

今年の8月に行なわれた第10回アジア連帯会議に元気な姿で参加してくれました
タイ在住の日本軍「慰安婦」被害者ノ・スボクハルモニが永眠されました。
アジア連帯会議に私も出席したのですが、ノ・スボクハルモニは生活費を節約され
5万バーツを「日本地震被害朝鮮学校とともにする人々-モンダンヨンピル」に寄付
されたことを思い出します。
本当に時間がないことをひしひしと伝わってきます。日本にいる私たちにできることを
少しでも早く、少しでも多くの人に呼びかけて行動していきたいと思います。
心からのご冥福をお祈り申しあげます。
以下、韓国挺身隊問題対策協議会からの訃報です。(立石孝行)

********************************************************************************

韓国挺身隊問題対策協議会
梁路子です。

残念なお知らせです。
タイ居住の日本軍「慰安婦」被害者ノ・スボクハルモニが
11月4日享年91歳で亡くなられました。

ノ・スボクハルモニは
1921年に慶北安東で生まれ
1942年に釜山へ連行され
シンガポールとタイなどで日本軍「慰安婦」として苦痛を味わいました。
日本の敗戦とともに国連軍捕虜収容所に収容され
故郷にも帰れずタイに定住されました。

ハルモニは
1984年に駐タイ韓国大使館を通じて韓国にいる家族の捜索を要請し
同年、40年ぶりに家族をたずねてタイの家族とともに故国を訪問しました。

1991年に再び韓国を訪問した後
今年2011年8月
10年ぶりに挺対協の招請で第10回日本軍「慰安婦」問題解決のためのアジア連帯会議
参加と3度目の故国訪問をされました。

自身の誕生日も忘れてしまったハルモニは
解放記念日の8月15日を誕生日にし
母国語を忘れてしまっても
故郷の住所だけは韓国語ではっきりと覚えており
その姿に
先日の訪問時には多くの人々が心を痛めました。
また
節約してためていた生活費5万バーツを
「日本地震被害朝鮮学校とともにする人々-モンダンヨンピル」に寄付し
熱い感動を呼びました。

再びタイにもどったハルモニは健康に過ごしていましたが
老衰で昨日夕方にこの世を去られました。
ノ・スボクハルモニの最期が寂しくないよう
皆さんも冥福をお祈りください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/243-a230c1da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。