Entries

日韓中首脳会談に対して「共同声明書」が出されました

本日(5月5日)、「戦争と女性の人権博物館」がオープンします。
それにさきがけ、昨日に国際シンポジウムが開催されました。
その場で、来週の13~14日に北京で行なわれる日中韓首脳会談
へ向け、シンポジウム参加者一同の名前で共同声明書を発表しました。

以下、韓国挺身隊問題対策協議会からの文書です(立石孝行)

******************************************************************

[共 同 声 明 書]
日中韓首脳会談開催にあたり
再び日本軍「慰安婦」問題の法的解決を要求する


5月13-14日、北京で日中韓首脳会談が予定されている。今日、ソウルで挺対協が
主催した[戦争と女性の人権博物館]開館シンポジウムに参加した日韓市民団体
活動家および研究者は、今回の日中韓首脳会談で、日本軍「慰安婦」問題に対する
国家責任認定と公式謝罪、法的賠償要求、国際社会が日本政府に勧告した事項を
実現させるため、日本政府の積極的な対応策が提示されるよう望む。
 [戦争と女性の人権博物館]は、日本軍「慰安婦」被害者の歴史を忘れず後世に
伝え、二度と同じことが繰り返されないよう活動するため建設された。このような
趣旨に沿って、今日のシンポジウムでは[戦争と女性の人権博物館]の今後の課題に
ついて討論し、日本軍「慰安婦」問題の法的解決、日本軍「慰安婦」問題を
どのように、なぜ記憶しなければならないのかについて真摯に討論した。
そして、これまで数え切れないほど要求してきた日本軍「慰安婦」問題の法的
解決を望む私たちの意志を、日中韓首脳会談開催にあわせて再び声明を発表
するにいたった。
日本軍「慰安婦」被害者に公式謝罪と法的賠償を求めて活動し、いつの間にか
22年という歳月が過ぎた。国連・ILOなどの国際機構が、日本政府に対し国際法
違反を認めて日本軍「慰安婦」被害者に謝罪と賠償などの実施を促した勧告から
十数年が過ぎ、アメリカを皮切りに世界各国議会で日本政府が日本軍「慰安婦」
被害者に正義を回復することを求める決議を採択してからすでに5年が過ぎた。
それだけではない。日本軍「慰安婦」被害者への賠償実現のために積極的な解決の
努力を行わない韓国政府に対する違憲決定を下した韓国の憲法裁判所判決からも
すでに1年が経とうとしている。その間、日本政府から名誉回復措置を受けることの
できないまま多くの日本軍「慰安婦」被害者が亡くなっており、生存している場合で
あっても被害者の健康状態は劣悪である。しかし日本政府は依然として日本軍「慰安婦」
被害者に対する賠償が1965年の日韓協定で解決済みという言葉をオウムのように繰り返し
責任回避を続けている。
時間は経つばかりだ。時間は高齢の日本軍「慰安婦」被害者とともに問題解決のため
活動している私たちにとって一日千金である。私たちはこれ以上日本軍「慰安婦」被害者に
加えられる時間浪費の暴力を黙過することはできない。

私たちは、以下のとおり要求する。

1.日本政府は、日本軍「慰安婦」犯罪が日本国家の責任で立案された組織的・体系的
性奴隷犯罪であることを認め、日本軍「慰安婦」被害者に公式謝罪と法的賠償を実施する
ための立法的・行政的措置を迅速に断行すること。

2.韓国政府は、5月13-14日に北京で開催予定の日中韓首脳会談において、日本軍「慰安婦」
被害者に対する人道主義的な次元での解決をうんぬんせず、明確に法的解決を要求しなければならない。
韓国政府が現在日本政府に要求できることは、まさに日本軍「慰安婦」問題に対する
日本国家の責任認定と公式謝罪、法的賠償を明確に求めることである。また、2度にわたる
二国間協議提案に応答のない日本政府に対し、この数ヶ月間「検討中」であった仲裁手続きに
対する方針と対策を実現するための措置を取らなければならない。それは憲法裁判所判決に
従うことでもある。

私たちは、[戦争と女性の人権博物館]活動を通じ、また22年間続けてきた連帯活動を通じ、
今後日韓未来世代ひいては未来を担う世界の人々とともに、日本軍「慰安婦」問題解決が
なされるその日まで、決して諦めず闘うだろう。これを通じ戦争のない世界、女性への暴力のない
世界を創造していくだろう。

2012年5月4日
[戦争と女性の人権博物館]開館記念国際シンポジウム参加者一同


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/271-1dd9d133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード