Entries

第24回 実行委員会を行ないました

私たちの会では、約1ヶ月ごとに実行委員会を行なっています。
昨日で24回目を迎えました。今後はこのブログで、実行委員会の
概要をアップしていきます。(立石孝行)


今回は年明けに行なう予定の講演会(学習会)の具体化について論議しました。

■論議した概要は、

①世界的戦時性暴力を見る中で「慰安婦」被害でない国の話を
 アムネスティに話してもらっては。
 日韓・日中の二国間でなく世界視野でできてはどうか?

②沖縄では旧日本軍がやってきたことを米軍がしている。
 戦争が起きれば必ず女性がレイプされ略奪し殺されている。
 韓国の「女性と戦争の博物館」にも最後にはコソボの事や
 女性たちが標的になっていることが展示されている。
 沖縄における性暴力の現状と「慰安婦」問題をからめては?

③どちらか一回ではなく二回行なってもいいのでは?

と、大きく3点でした。


■今回、決まったこと
①講演講師について
  まずは、沖縄問題について行なう。時期は1月末から3月初めで講師と調整する。

②会場について
  今回は大阪で行なう。150名程度の会場を調整中。

③関連団体へのひろげ方について
  個別知っている情報を共有していく 

■次回:実行委員会 11月17日(土)
  日本軍「慰安婦」問題早期解決について、関心があり参加してみたいと
  思う方はコメントに書き込みください。

  メンバーで判断させていただき、別途 会場など連絡します
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/288-76c7ea99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード