Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/299-112d9e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2.24学習会アピールを安倍首相に送りました

去る2月24日にこのブログでもご案内させていただきました、関東学院大学
教授の林博史さんをお招きし学習会を行ないました。当日、152名の参加
全員で確認したアピール文を3月15日付で安倍首相に送りましたことを
報告します。以下、当日確認しましたアピールです。(立石孝行)

*************************************************************

拝啓・安倍晋三さま。
私たちは「河野談話」の見直しを望みません。歴史の事実に正しく学び、戦争と
「人権侵害のない世紀」への正面からの努力を求めます。

 あなたは「いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり
癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申
し上げる」と述べた「河野談話」の見直しに、繰り返し言及しています。

 また、あなたは「日米同盟強化」「集団的自衛権の行使」「在日米軍再編」
を掲げ、さらに「日本国憲法改正草案」(12年4月)では、「再び戦争の惨
禍が起こることのないやうに」の一文を削除し、「国防軍」による国内外での
軍事活動を可能にしようとしています。

私たちは、軍事同盟や軍事力への依存をさらに深め、侵略戦争とその中での
「慰安婦」問題はじめ、各種の非人道的行為への反省を後退させるこうした
あなた方の姿勢に、強い不安と懸念を覚えています。

今日、私たちは、林博史先生の講演「日本軍『慰安婦』制度と米軍の性暴力」
をもとに、当時の歴史にあっても格別に野蛮な国家犯罪であった日本軍「慰安婦」
制度の実態や、戦後の米軍が沖縄はじめ各地で繰り返してきた性暴力の実状など
について深く学びました。

21世紀の世界には、「戦争の違法化」や「戦時性暴力の根絶」など、20
世紀以来の取り組みをさらに前進させる努力があり、日本軍「慰安婦」制度への
国際社会の厳しい批判は、その重要な一環をなしています。

安倍さん、思い起こしてください。
あなたは「慰安婦」問題について、2007年4月の日米首脳会談で「人間と
して首相として心から同情し申し訳ない思いだ。21世紀を人権侵害のない世紀
にするため努力する」と述べました。

いまあなたに求められているのは、「河野談話」の見直しではなく、この言葉
を実際の行動に移す努力です。私たちは「慰安婦」被害者への誠実な謝罪と補償
を急ぐことを、主権者たる国民の責任において、この国の首相であるあなたに
強く求めるものです。

真摯な対応を期待いたします。

2013年2月24日
 企画「林博史さんと考える『慰安婦』・沖縄・米軍基地
――『今もつづく戦時性暴力』」参加者一同
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/299-112d9e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会

Author:「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会
・・・
2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。140名近くの方にお集まりいただき、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、このblogの立ち上げに至ったものです。

現在は、関西を中心に、国に慰安婦」問題の解決を求める地方自治体からの意見書可決をすすめる取り組みを行っています。

本blogが、「慰安婦」問題の解決に向けた情報・意見の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。