Entries

韓国の憲法裁判断から2年進まない「慰安婦」賠償協議拒否、不誠実な日本政府

韓国の憲法裁判断から2年進まない「慰安婦」賠償協議拒否、不誠実な日本政府
2013年9月2日 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-02/2013090202_02_1.html

韓国の憲法裁判所が、日本軍「慰安婦」の賠償請求権をめぐり同国政府が日本と交渉する
努力をしないのは違憲と判断(2011年8月30日)してから丸2年がたちました。
韓国政府は、日韓請求権協定に基づき協議に応じるよう日本政府に再三、要求していますが、
日本側は拒否する不誠実な態度を続けています。

 韓国の外務省は30日、声明を発表し、日本政府が協議に応じないことに「深い遺憾」を
表明しました。韓国政府は、憲法裁判所の判断が下された直後の11年9月と同年11月に、
外交文書を通じ協議を要求。今回も文書で求めると報じられています。
 日韓請求権協定の第3条は▽協定の解釈や実施に関する締結国間の紛争は外交上の経路で
解決する▽解決できない場合は仲裁に付託する―ことを明記しています。
 しかし、日本政府は、協定によって財産・請求権問題は解決ずみで、「紛争は存在しない」
という立場をとり続けています。

 先月、日本共産党の笠井亮衆院議員の調査によって、同協定締結当時、日本の外務省が、
日韓間で対立する見解が生じた場合、外交上の努力によって解決されるべきだとする「条約
解説」をまとめていたことが判明しました。この「解説」は、紛争の発生時期について「何ら
制約はない」「今後生じることのあるすべての紛争が対象になるべき」だと主張しています。

 「慰安婦」問題は、被害者たちの告発によって1990年代以降、問題化したもの。協定上
の紛争であることは疑いなく、「解決ずみ」という日本側の主張は成り立ちません。
 韓国の「慰安婦」被害者12人は8月15日、日本政府を相手取り慰謝料を求める民事調停
をソウル中央地裁に申し立てました。同日、朴槿恵(パク・クネ)大統領は、「光復節」式典
での演説で「過去の歴史による苦痛と傷を今も抱えて生きている方に対する、痛みを治癒でき
る責任ある誠意を持った措置を期待する」と述べました。

 日本政府は韓国側の要求に、速やかに応じるべきです。(赤旗)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/316-75d9b690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード