Entries

訃報です

日本軍「慰安婦」だった方は朝鮮人だけではありません。
中国や台湾でも甘言や拉致などされたたくさんの「慰安婦」
がいます。9月4日に中国人で「慰安婦」にされた万愛花
ダーニャンが他界されました。

万愛花ダーニャン自身も原告なりたくさんの場で証言をされて
いました。先日の橋下日本維新の会協同代表の「慰安婦」発言
にも怒りをあらわに声をあげました。
ダーニャンの無念な想いをしっかりうけとめ、一日も早く「慰安婦」
問題が解決するようこれからも行動します。

心からご冥福をもうしあげます。
以下、山西省・明らかにする会より

******************************************************

中国の日本軍性暴力被害者であり、正義と尊厳を取り戻すために闘い
続けた万愛花(WanAihua)大娘(ダーニャン)が、9月4日午前0時
45分、太原市内の病院で逝去されました。満83歳(数え年85歳)
でした。

万愛花大娘は1992年、東京で行われた国際公聴会で、中国人の日本軍
性暴力被害者として初めて世界に向けて被害を訴えたことで、国際的にも
よく知られています。1998年、他の9人の原告とともに性暴力損害賠償
請求訴訟を起こし、証言のために何度も来日しました。また2000年に
東京で開かれた女性国際戦犯法廷でも原告として証言しました。多くの方が、
法廷や集会で証言し、発言した万大娘の姿と言葉を、強い印象で記憶に
とどめておられると思います。

万愛花大娘は多くの病をかかえ、たびたび入院しながら責任感と気魄で
闘って来られました。昨年春、脳梗塞を起こして入院、その後はほぼ
病院生活でした。脳梗塞を続発して麻痺の範囲が広がりましたが、認識も
意思も終始明確でした。

この8月26日、山西省・明らかにする会の訪中団メンバーがお見舞いに
行った時は、すっかり痩せて弱られ、声も小さく、お話もままならなかった
とはいえ、「必ず結論を得てほしい。日本政府に圧力をかけて解決を要求して
ほしい」「頑張って(闘いを)放棄しないで」と、私たちに思いをしっかり
託されました。

万愛花大娘ご逝去の悲しいお知らせと共に、なんども言葉が途切れながら
託された万大娘のこの思いを、みなさまにお伝えいたします。

山西省・明らかにする会

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/317-618dabc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード