Entries

語り継ぐ「戦時性暴力」 アリラン碑建立5周年

語り継ぐ「戦時性暴力」 アリラン碑建立5周年
2013年9月8日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-212207-storytopic-1.html

【宮古島】太平洋戦争中に朝鮮人慰安婦が宮古島に連行された歴史などを伝える
「日本軍『慰安婦』の祈念碑」と「アリランの碑」の建立5周年を記念した集会が
7日、宮古島市上野野原の記念碑前で開かれた。侵略の定義をめぐる安倍晋三首相
発言や橋下徹大阪市長の従軍慰安婦発言などで歴史認識に対する懸念の声が国内外
にある中、建立5周年の節目を機に、戦時中の女性に対する性暴力の悲惨さと平和
を受け継ぐ決意を新たにした。集会には地元住民や研究者ら40人が参加した。

 碑は2008年9月7日に建立した。「女たちへ」と書かれた祈念碑の両隣には
「全世界の戦時暴力の被害者を悼み、二度と戦争のない平和な世界を祈る」との
言葉がある。日本語や韓国語など日本軍の被害を受けた地域と、ベトナム戦争で
米軍の雇い兵になった韓国軍から被害を受けたベトナム語の12言語でつづられている。

 宮古島にいた朝鮮人慰安婦についての証言者で、記念碑の土地を提供した与那覇
博敏さん(80)は安倍首相や橋下氏の発言に「悲惨な戦争を語り継ぐ者として、
慰安婦が存在したことを知る者として憤りを感じる」と語った。「必ず国民が認識
を改める日が来る。戦争を二度と繰り返さないよう5周年を契機に慰安婦をめぐる
事実を伝えていきたい」と力を込めた。

 宮古島に日本軍「慰安婦」の記念碑を建てる会の尹貞玉(ユンジョンオク)共同
代表は「若いころ傷つけられた女性たちがここに眠り、私たちと一緒に平和な地球
を願っている。ここを、戦争や開発による破壊から地球を守るシンボルにしたい」
とあいさつした。

 宮古島で最初に聞き取り調査を行った早稲田大国際言語文化研究所の洪〓伸
(ホンユンシン)研究員は「多くの証言者が記念碑維持に努力している。
亡くなった証言者のことを思い出しながら、次へつないでいきたい」と思いを語った。
 記念碑への献花や朝鮮民謡の「アリラン」を共に歌い、恒久平和を誓った。

※注:〓は王ヘンに「允」
(琉球新報)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/320-33688212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード