Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/321-8aedaf00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アリランの碑建立5周年で「慰安婦」を追悼、平和祈念

アリランの碑建立5周年で「慰安婦」を追悼、平和祈念
2013年9月8日
http://www.miyakomainichi.com/2013/09/54169/

◆アリランの碑・女たちへ 建立5周年で集い
 日本軍「慰安婦」の史実を伝えるために2008年に建てられた
「女たちへ」と「アリランの碑」の建立5周年記念の集いが7日、
上野野原の同碑前に関係者およそ40人が参加して行われた。
参加者を代表して宮古島に日本軍「慰安婦」の祈念碑を建てる会
共同代表の尹貞玉(ユン・ジョンオク)さんらが碑前に献花し、
亡き慰安婦を追悼するとともに、世界の平和を祈念した。

 尹さんは「美しい宮古島のこの地に戦争のない平和な世界を祈る
碑を建てた。ここに休んでいる女性たちが私たちと一緒に地球を守って
くれるように祈りたい。海も、空も、空気も汚れていない宮古島に、
若いときに傷つけられた女性たちが眠っている。ここが、美しい地球が
開発という名の下に破壊されることから守るシンボル(象徴)的な存在
になるよう祈っている」と述べた。

 また、「慰安婦」問題の研究者で早稲田大学名誉教授の中原道子さんは
「これらの碑をこれまで守ってくれたのは宮古島の皆さんたち。この碑を
建立した一人として、とても感謝している。碑は石。石はいつか欠けて
なくなるかもしれない。しかし無くならないのはその女性たちの記憶と
それを引き継いだ私たちの記憶」と述べ、碑銘の「女たちへ」について
「この島で生き、無くなった女性たちへの思いと、その記憶を引き継いで
後世に伝える女たち。その人たち、少女たち、子どもたちへも呼び掛けた
碑銘」と碑に寄せる思いを話した。 (宮古毎日新聞)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/321-8aedaf00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。