Entries

河野洋平氏を提訴へ 「国民運動」談話撤回求める署名も3万超

河野洋平氏を提訴へ 「国民運動」談話撤回求める署名も3万超
2013年9月16日
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130916/plc13091612030003-n1.htm

 昨日、産経新聞より以下の記事が掲載されました。「慰安婦」問題解決に
向けた行動を「慰安婦となった方々を引きずりまわして、人権問題だ」
「このようなことを日本が諸外国から言われるのは河野談話のせい。民事
訴訟を起こすべき」などという声を中心に、提訴へ向けた署名が3万筆を
越えたと発表がありました。 
 また「慰安婦」問題解決に向けた意見書を可決した自治体へも抗議する
といきり立っています。
 記事は5ページにもわたる内容ですが、このまま放置しておくには
いけない内容です。
以下、1ページ目の記事の内容の抜粋です。(立石孝行)

***********************************

今年7月に発足した「慰安婦の真実」国民運動(加瀬英明代表)が10日、
参議院議員会館で記者会見し、騒動を泥沼化させた根源といえる「河野談話」
の撤廃を求める署名3万867人分を同日、国に提出したことを報告。
また近く河野洋平氏個人を提訴する考えも明らかにした。
会見で、加瀬代表は「慰安婦問題をめぐっては、全世界で日本はぬぐいがたい
深刻な汚名を着せられている。これはひとえに平成5年、河野官房長官が出した
談話に発している」と、河野談話の罪深さに言及。続いて松木国俊幹事長が
アピール文を読み上げた。
「韓国側の誘いに乗って、事実を曲げて政治的妥協をはかって作成された文書」
である河野談話にある、というわけで、当然ながら出席者からは河野洋平氏に
対する厳しい声が相次いだ。藤岡信勝幹事は「政治家としての国家に対する
裏切り行為を、司法の場で問う意義はあるのではないか」として、河野洋平氏に
対する民事訴訟を起こす考えを示した。
国民運動としては慰安婦問題をあおってきた研究者との公開討論呼びかけも含め、
講演会の開催や意見広告の掲載、全国に40以上ある「慰安婦決議」をした
自治体への抗議といった活動を進めていく方針が示された(産経)
 ⇒ ⇒ ⇒ 続きは産経HPよりご覧ください・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/324-7cdffde8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード