Entries

朴大統領「日本、慰安婦謝罪どころか侮辱」

朴大統領「日本、慰安婦謝罪どころか侮辱」
2013年10月01日
http://japanese.joins.com/article/650/176650.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|top_news

 朴槿恵(パク・クネ)大統領が30日、チャック・ヘーゲル
米国防長官と会って日本政府に対する断固たる立場を明らかに
した。
韓米例年安保協議の会議に参加するため訪問したヘーゲル長官が
「韓米日3カ国の安保関係の構築において、韓日両国の歴史的
問題を含む現実的問題がうまく管理されるべきだと見るがどう
思うか」と尋ねると朴大統領は「歴史問題と領土問題について
たびたび時代・歴史退行的な発言をする日本指導部のために信頼が
形成されずにいる」と答えた。
さらに朴大統領は「傷を受けた国民がいるため国民と共に解決する
問題であって、首脳2人が座って解決できない状況」としながら
「国民の傷はそのままなのに、前にもそうだったように日本の指導部が
また傷つくような話を会談後に投げかけることになれば、一体どうして
その会談をやったのかと国民の心が痛むだろう」と強調した。「この
ような悪循環になるのが真の問題」とも述べた。
韓日関係の改善を通じて日本が東アジア安保問題に参加することを
期待したヘーゲル長官の質問に「出会いのための出会い」はしないと
いう趣旨の回答を出したことになる。
 朴大統領は慰安婦女性の問題もとり上げた。「慰安婦女性の問題は
今も続いている歴史だ。その方たちは花のように美しい青春を全て失い、
今までずっと深い傷を抱えて生きてきたのに、日本は謝罪どころか侮辱し
続けている。その女性だけでなく国民も共に怒っており、これでは
いけないという状況」と話した。
 先月26日に日本の安倍晋三首相は、国連総会の基調演説で慰安婦女性
についての言及はしないまま「21世紀にも紛争地域で女性に対する性的
蹂躪(じゅうりん)が強行されていることに怒りを禁じえない」と述べた。

 この日、尹珍淑(ユン・ジンスク)海洋水産部長官も日本を「非道徳的
な子供」と表現して強く批判した。尹長官は記者懇談会で「日本が(放射能)
汚染水を外に出すとは思わなかった」として「あのように非道徳的な子供は、
外交でカバーしなければならなかった」とした。彼は「日本が(汚染水流出
情報を)知らせるべき義務があり、そのような通知もなく海にみな流して
しまう。あきれる」としてこのように話した。
 日本産の水産物輸入中断に関連して尹長官は先月11日に国会に出席して
「科学的な観点で言えば、現在では問題がないと考える」と話して「日本
政府の立場を長官が受け入れたことなのか」という指摘も受けた。海水部
関係者は「国会発言の失敗後、日本に対する批判の強度を意図的に長官が
高めているようだ」と解釈した。(中央日報/中央日報日本語版)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/332-f9e0b078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード