Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/343-afb2cdff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

慰安婦問題の拡大阻止 92~93年、東南アで調査せず

こんなことが河野談話発表前後にあった。しかも今、その河野談話でさえ
ないものにしようとし、「訴訟までしてやる!」と言ってるしまつ。
断じて、このようなことを許してはならない!

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・゜*゛:¨*;.・’;゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・

慰安婦問題の拡大阻止 92~93年、東南アで調査せず
2013年10月13日(朝日デジタル)
http://www.asahi.com/politics/update/1013/TKY201310120357.html?ref=rss
※会員でない場合、全文がPCでは読めない方もいらっしゃいます。ご了承ください

 旧日本軍の慰安婦問題が日韓間で政治問題になり始めた1992~93年、
日本政府が他国への拡大を防ぐため、韓国で実施した聞き取り調査を東南
アジアでは回避していたことが、朝日新聞が情報公開で入手した外交文書や
政府関係者への取材で分かった。韓国以外でも調査を進めるという当時の公式
見解と矛盾するものだ。
 「河野談話」が出る直前の93年7月30日付の極秘公電によると、武藤嘉文
外相(当時)は日本政府が韓国で実施した被害者からの聞き取り調査に関連し、
フィリピン、インドネシア、マレーシアにある日本大使館に「関心を徒(いたずら)に
煽(あお)る結果となることを回避するとの観点からもできるだけ避けたい」として、
3カ国では実施しない方針を伝えていた。
 日本政府は当時、内閣外政審議室長が「(調査)対象を朝鮮半島に限っていない」
と答弁するなど、韓国以外でも真相究明を進める姿勢を示していたが、水面下では
問題の波及を防ごうとしていたことになる。
 インドネシア政府が日本政府の慰安婦問題の調査は不十分などと抗議する声明を
出したことについて、外務省の林景一南東アジア2課長(現駐英大使)が92年
7月14日にインドネシアの在京公使に申し入れた内容を記す文書もあった。
 林氏は「信用できないと断定されたに等しく、残念」と抗議。両政府間で戦争
賠償は決着しており、慰安婦への補償を求められることは「ありえない」と批判した。
さらにインドネシア政府の担当者が声明を発表した際、旧日本兵の処罰を求める発言を
したことに触れ、「韓国ですら問題にしていない。かかる発言は驚き」と非難した。
 当時の宮沢内閣で慰安婦問題を仕切った政府高官は「問題が大きくなっていた韓国
以外には広げたくなかった。問題をほじくり返し、他国との関係を不安定にしたく
なかった」と語る。

■韓国と別対応、収束急ぐ
 《解説》被害者は韓国女性に限らないのに、慰安婦問題は「日韓の政治問題」という
印象が定着した。背景には、日本批判が高まった韓国と他国を切り離して対応し、
事態の収束を急ぐ日本の外交方針があった。
 当時の宮沢内閣は役所に眠る資料を探し、韓国では聞き取り調査をした。韓国世論の
高まりに対処するための異例の態勢だった。その韓国では今も慰安婦問題は収まっていない。
 一方、韓国に刺激されて世論が高まり始めた東南アジアでは真相解明に後ろ向きで、
聞き取り調査をしなかった。戦場だった国々に慰安婦問題が波及して深刻な実態が
明らかになるのを恐れた、と当時の政府高官は明かす。東南アジア諸国も経済発展を
優先し、途上国援助(ODA)を受ける日本政府との関係悪化を恐れて政治問題化を避けた。
 政府間の思惑が一致した結果、置き去りにされたのは被害者だ。今夏、インドネシアで
彼女らを取材した。大半は90歳前後。インドネシアでは、日本政府が主導したアジア
女性基金の「償い金」は同国の意向で元慰安婦に渡らず、元慰安婦に限定しない福祉事業に
ほぼとどまった。救済どころか、実態調査さえ行われていない。これが20年後の現実だ。
     


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/343-afb2cdff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。