Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/347-d7c02771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

韓国に配慮、まず強制ありき 「事実より外交」のツケ重く

「産経」としては、ここにかけるしかないということなのでしょうね。
証言の信憑性は、それとして公正に確認されねばならないことですが、
「河野談話」は総合的な情報の判断にもとづいていますし、加害の核心は、
何より「慰安所」での性奴隷としての扱いの問題です。さらに連行の
強制性を示す文書資料も出てきているわけです。
それをともかく、「慰安婦」証言の当否一点に集中させて論じたいのですね。

゜*゛:¨*;.・';゛:..・☆゜*゛:¨*;.・';゛:..・☆゜*゛:¨*;.・';゛

韓国に配慮、まず強制ありき 「事実より外交」のツケ重く
2013年10月16日(産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101614160015-n1.htm

河野談話の根拠となった元慰安婦への政府聞き取り調査のずさんさが産経
新聞が入手した資料で浮き彫りになった。談話はその後も独り歩きし、
国際社会での日本の立場を大きく傷つけ続けている。

 「当時、日韓関係を考えて、ポイントは(慰安婦募集の)強制性を認めるかの
一点だけだった。それを、元慰安婦の聞き取り調査内容を担当官から聞いた心証
として認めたわけだ」
 石原信雄元官房副長官は今回、河野談話作成時の宮沢喜一内閣の事情を振り返った。
石原氏は平成19年の民主党の会合では、「事実判断ではなく、政治判断だった」
と証言しており、当時の政府首脳らのあやふやな「心証」が今も日本の足を
引っ張っている。
 この頃、韓国側は元慰安婦の名誉回復に非常にこだわっていた。そのため、日本
政府に「強制」を認めるよう強く求めていた。

 「強制性を認めれば、問題は収まるという判断があった」
 石原氏は産経新聞の17年のインタビューで、当時の政府の見通しをこう明かしている。
ところが、政府が国内外、関係省庁に公文書館と「八方手を尽くして調べた」(石原氏)
にもかかわらず、証拠文書も日本側の証言も見つからない。物的証拠を発見できなかった
政府は、5年3月23日には、わざわざ「強制」の定義を広げる国会答弁までしている。
談話作成に関与した当時の谷野作太郎内閣外政審議室長は、参院予算委員会でこう述べた。
 「単に物理的に強制を加えることのみならず、脅かし、畏怖させて本人の意思に反して
ある種の行為をさせた場合も含む」
 同じ頃、政府首脳も「精神的苦痛、心理的なものも含めて強制とする」という見解を
示した。石原氏は今回、「かなり広げた。宮沢首相や河野洋平官房長官は、日韓関係を
将来良くしようと考えたら、彼らの言い分をある程度もう認めざるを得ないという
気持ちがあった」と振り返る。
 このようにして、慰安婦募集の強制性を認めた河野談話の下準備を進め、その上で
臨んだのが、韓国側の要請と人選による元慰安婦の聞き取り調査だった。
 ただ、実際には調査は元慰安婦一人当たり3時間程度で、通訳や質問者が話す時間を
考えると、証言時間は短い駆け足調査だった。そして、この「形式的な調査」(現在の
政府関係者)のわずか5日後、河野談話は発表された。
 苦心惨(さん)憺(たん)して韓国のために強制性を認めた結果、日韓関係は逆に
悪化した。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/347-d7c02771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。