Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/456-11983c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「会うべきは被害を受ける当事者」橋下大阪市長に面談を要請

本来、このブログは「慰安婦」問題に関することを中心とした内容ですが、この間だいぶん世間を賑わせている「ヘイトスピーチ」に関することをあえて記させていただきます。

朝日新聞社の「慰安婦」問題の記事、そして謝罪に対して、大阪市会は「事実に基づかない虚偽を繰り返し喧伝し、戦地に赴いた兵士や戦歿者の名誉と尊厳を厳しく毀損し、日韓関係を悪化させた」の内容の意見書見を維新の会・自民党が中心となり可決をした。
 世間では在日特権を許さない市民の会(以下、在特会)が、人種差別発言・排他発言を公道などで警察に守られながら、聞くに堪えない汚く酷い言葉を吐き散らしている。その在特会が昨年ごろから「捏造~従軍慰安婦展」なるものを、2008年「慰安婦」問題早期解決に向けた意見書が可決された、宝塚市を皮切りに続々と公的な建物で行なわれている。
 これらに対しては市民運動を中心とした団体が、新大久保でもヘイトスピーチデモを行なわせない条例を勝ち取り、展示会の開催させない動きも出てきた。大阪市へも鶴橋周辺でそのような行為をさせないで欲しいといった内容の申し入れも行なった。
 そのことを受けてかどうかは定かではないが、橋下大阪市長が「ヘイトスピーチ」を行なっている「当事者」と面談をすると報道された。そこに「期待」は個人的には全くない。なぜなら、ご存知のとおり、これまで橋下大阪市長は「慰安婦」被害者との面談にも応じない対応を固持してきたこともありので、信用が無いということだ。
 
 先日、在日朝鮮人フリーライターである李信恵(リ シネ)さんが、これまで差別的な発言を受けてきたことに対し、在特会に損害賠償を求める訴訟を起こしたことはご存知だろうか。精神的にも大変だと思うが、すごい決断だと思ったし、できる限りの支援や行動も行ないたい。
 その李信恵(リ シネ)さんが、昨日24日に「在特会との面談」に応じるとした橋下大阪市長に対し、「会うべきは被害を受ける当事者」であるなどの申し入れを行なった。
 私は生まれた時から今も「在日」である。 「在日」という人々がいるのは何故なのか。戦後、自ら移住してきた方もいるが、本質は「日本政府の過去の侵略政策」によるものだ。「慰安婦」被害者もそうだ。そのことへの反省がない。それどころか「在特会」といっしょになって「捏造」などどいう政治家もいる。それを証拠に在特会と仲良しさんが今の安倍内閣にはたくさんいる。
 今の政治家たちは何を考え、日本という国をどうしていきたいのか。子どもたちにどんな未来を残していこうとしているのかが見えない。
 今回の李信恵(リ シネ)さん勇気ある決断と、橋下大阪市長への申し入れをきっかけに、これらの運動をリンクさせもっとがんばりたい、連帯した行動をしたいと感じている。共に手と手を取りあってがんばろう。

以下は、昨日一緒に申し入れをおこなったコリアNGOセンター事務局長の金さんのFacebookの記事からの引用文です。(hong hyohaeng)

゜*゛:¨*;.・';゛:..・☆。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

会うべきは被害を受ける当事者
橋下大阪市長に面談を要請

在特会との面談を表明した橋下大阪市長に対し、「会うべきは被害を受ける当事者」であり、行政の長との面談で人種主義集団を承認するかのような印象を与えるのは避けるべきだとの申し入れをを9月24日、コリアNGOセンターとフリーライターで自らも裁判で在特会を訴えている李信恵(リシネ)さんが行った。
この日午前、大阪市役所を訪問し、外国籍住民施策の担当者に申し入れ書を手渡した両者は、「市長との面談で、橋下市長と対等に渡り合ったと組織宣伝に悪用するに間違いなく、在特会の社会的認知を高め、結果的にヘイトスピーチを助長する危険性がある」と指摘した。
大阪市の担当者は「ヘイトスピーチを批判することを目的に市長が面談に言及したもの。申し入れについては市長に必ず伝えたい」と述べた。
ヘイトスピーチを規制するためだけなら、彼らから直接話を聞く必要はない。市の担当者らも現場に出ており、動画ならサイト上にいくらでも出回っている。橋下市長がヘイトスピーチを強く批判し、所管部署での検討を指示していて、それを評価する声は小さくない。しかし、あえて在特会との面談を表明したのは話題作りに長けた橋下市長らしい言動とも言える。
いま橋下市長がすべきは、実効力のある規制方法への模索や人権行政のさらなる推進であり、そうした大阪市の取り組みにおおくの市民が期待を寄せていることを市長はあらためて知る必要がある。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/456-11983c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。