Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/535-d3d2379d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日時場所が変更となりました】11月12日ミニ学習会のお知らせー当会ミニ学習会の第3弾!!テーマは「歴史修正主義」ー

ーー次回ミニ学習会の日時・場所が変更となりましたーー
先日、本ブログでお知らせいたしました次回ミニ学習会について、開催日を「10月22日」とお伝えしましたが、当日衆議院選挙投票日となった関係で、日程・会場を変更いたしました。参加をご検討いただいている方にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。変更後の日時・会場については以下をご覧ください。


ーー以下、ミニ学習会のお知らせですーー

某新聞やネットなど、「慰安婦」問題、南京大虐殺など、戦前の日本の加害事実を否定する言説は枚挙に暇がありません。さらにそうした言説は海を越え、遠くアメリカや欧米各国でも「歴史戦」と称して展開されています。また、今回の選挙でも「関東大震災における朝鮮人虐殺事件」の被害者への追悼文送付を取りやめ、事件があったかどうかについて「さまざまな見方がある。歴史家がひもとくもの」とし、否定するような言説を振りまく小池百合子氏以下、数々の加害事実を否定する発言を繰り返すような政治家が多く参加する希望の党も台頭するなど、注目が集まっています。今回の学習会では歴史認識問題についての右派の言説を研究テーマとする能川元一氏から話題提供を受け、現代日本の「歴史修正主義」について考えます。


講師プロフィール
1965年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科助手を経て現在大学非常勤講師。専攻は哲学。
主として歴史認識問題についての右派の言説を研究テーマとしている。
著書(いずれも共著)
『憎悪の広告 右派系オピニオン誌「愛国」「嫌中・嫌韓」の系譜』(合同出版)、『海を渡る「慰安婦」問題――右派の「歴史戦」を問う』(岩波書店)など。
日 時:11月12日(日)14:00~17:00
    (終了後、講師を交えて懇親会を行います)
    ※13:30~開場、14:00~15:10:話題提供
     15:10~17:00:感想交流
会 場:西宮市男女共同参画センター411学習室
講 師:能川 元一(のがわ もとかず)氏
資料代:500円
申込み:minnadeikensyokaketu@gmail.com
    もしくは当会Facebookページまで


以下のチラシもご覧ください。

20171112チラシ表20171112チラシ裏
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanumu.blog59.fc2.com/tb.php/535-d3d2379d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

「慰安婦」問題の解決を考える会

Author:「慰安婦」問題の解決を考える会
「慰安婦」問題の解決を考える会

2008年8月3日、「シンポジウム/私たちに何ができるか~若者たちと考える『慰安婦問題』」を大阪市内で開催しました。約140名の方が集まり、熱い意見交換が行われる感動的な集まりとなりました。

集会後、もっとこの活動を続けたいとの声があがり、「「慰安婦」問題の解決に向けた意見書可決をすすめる会」を発足し、関西を中心に、地方自治体から国に対し問題解決を求める意見書可決をすすめる取り組みを行ってきました。

2015年12月28日、日韓両政府の間で「合意」が結ばれましたが、私たちはこれが被害者たちの尊厳を回復する解決であるとは考えません。これまで以上に「慰安婦」問題についてともに知り考える場をつくることを目指して、「「慰安婦」問題の解決を考える会」と名称を改め、学習会や講演会の企画を進めています。

このブログも、情報共有・意見交換の場としてお役に立てれば幸いです。

なお、コメントの紹介は承認制としています。管理者が、このフォーラムの趣旨にそわないと判断した場合には、これを表示しません。あらかじめご了解ください。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。